無料ブログはココログ

« 会津街道への憧憬 | トップページ | The Cosmic Giggle (宇宙の忍び笑い) »

2012年11月 6日 (火)

壮絶な星空

実川に架かる吊り橋は、結構しっかりしている方だと思います。
それでも普通に歩くとかすかな揺れが感じられます。
なので、吊り橋の上で写真を撮る場合は神経戦です。

Img_6461

EOS7D + SIGMA 10mm F2.8 FISHEYE EX DC HSM
ISO1600, F2.8, 65秒 (追尾撮影)

橋の真ん中まで歩いてきて荷物を置き、上流側を一瞥してみたときの感動は今でも新鮮です。
五十嵐家の庭で見るときよりさらに生き生きとした星の光がそこにありました。
まだ低空にあるというのに、プレアデスやぎょしゃ座のきらめきと言ったら。
この向こうには実川の源流部が控えているのです。
ただ、なぜかこのあたりの紅葉の色づき方はイマイチだったので、山肌の写真写りはイマイチです。

Img_6469

EOS7D + SIGMA 10mm F2.8 FISHEYE EX DC HSM
ISO1600, F2.8, 65秒 (追尾撮影)

こちらは同じ場所から反対側(下流側)を写したもの。
わずかに阿賀町方面が明るく見えます。
白鳥座が沈もうとしています。

Img_6447_2

EOS7D + SIGMA 10mm F2.8 FISHEYE EX DC HSM
ISO1600, F2.8, 70秒 (追尾撮影)

最後に1枚。中央に流れ星か衛星か何かの光跡が入っています。
なんかカッコイイので、これが今回のベストショットです(笑)。

Img_6459p

※吊り橋から上流側を撮った別な写真を追加しました。

« 会津街道への憧憬 | トップページ | The Cosmic Giggle (宇宙の忍び笑い) »

星景写真(下越)」カテゴリの記事

コメント

きれいな星空ですね、私には特に下流部。暗い空で肉眼で見上げているように感じます。10mmでも知っている星座の形が良く分かります。こと、や、いるか、こうま座、みずがめの一部など。

紅葉はHDR処理でしょうか?いつも美しい星空を有り難うございます。

けんちゃさん、コメントありがとうございます。そもそも夜までいる気はなかったので、レンズはこの10mmと、タムロンの標準ズームしか持ってきておりません。本当は14mmを使いたかったのですが。紅葉に限らず、全ての写真の処理は共通です。まず地上部と星空部を別々にphotoshopで選択し、それぞれ露光量や明るさ、コントラスト、彩度などを調整します。iso1600, f2.8, 60秒がいつものパターンですが、あまりに暗いので70秒くらいシャッターを開けてもまだ地上部の明るさは全然足りない。それ以上にすると、地上部の流れが目立つし、ISOも7Dの場合はこれ以上上げたくない。紅葉も+1.5EVぐらいレベルを持ち上げていますね。地上部を固定撮影して貼り合わせるという方法もありますが、20時過ぎたら湿気が地上に降りてきてもやってきたのでやめました。

山中の星々、美しいですね。
佐藤さんも4日の夜、星撮りに行かれたのですね。
私は加茂市の水源地に行ってきました。
月が出るまでの間楽しみましたが、ナノトラッカーが故障してしまったので、ただいま修理中です ^^;

ぱんださん、こんにちは。貴重な晴れ間でしたからね。11月に入ったら、少しでもチャンスを逃さないようにしないと。あらら、ナノトラッカー故障しましたか。買ったばかりなのに、ちょっと心配ですね。

空を渡る天の川と紅葉の風景が季節感満天で素晴らしいです。ヽ(^。^)丿
追尾で70秒でも風景は大丈夫なんですね、勉強になりました。
最後の写真はまさに紅葉が感じ取られ面白いですが、
油絵のようでビックリしています。{{{{(+_+)}}}}


KAZEさん、こんにちは。コメントありがとうございます。遠景の風景でしたら、ぼく的には90秒まではOKですね。民家みたいに、50m以内に写したい被写体がある場合は60秒まででしょうか。焦点距離によっても違いますが。最後の写真は実験作です。そもそも、撮って出しの画像は背景が真っ暗です。だけど、どこまで背景をあぶり出せるか、ワザ?を駆使して思い切り明るく、彩度も上げて描出してみました。油絵のようになるのは仕方ありません。吊り橋の上でなかったら、またやりようもあるのですが、2分も露出をかけると微妙にはじっこが流れてしまうのが、この辺が限度でした。

遅いコメントですみません。
つり橋の上で追尾撮影をするというのは、一種の曲芸ですね。撮っている自分の息を止めるほどの神経を使うのでは?

空の暗さも谷の紅葉も見事ですね。2枚目の天の川が素晴らしいと思います。私もライティングはしないので、処理の大変さは良く分かります。

tantanさん、コメントありがとうございます。吊り橋と言っても、比較的しっかりした吊り橋だったので、曲芸というほどではありません。でも、息はこらしました。立ち上がるときも、そろりそろりと。
全部で10枚くらい撮りましたが、うち半分は星像が肥大気味。明らかに揺れの影響ですね。けんちゃさんも2枚目がいいと仰っていましたね。肉眼ではとにかく上流側の暗さが圧巻だったのですが、ISO1600、1分では暗すぎでした。ISO2500で撮ればよかったなあと後悔。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 会津街道への憧憬 | トップページ | The Cosmic Giggle (宇宙の忍び笑い) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31