無料ブログはココログ

« 千灯まつりが終わった | トップページ | 太陽は黒点がいっぱい »

2012年8月 2日 (木)

内村クン、おめでとう!

中学時代、体操部に所属していたぼくにとって、体操競技はいつも気になる種目。
そんななか、内村航平選手がやってくれました、個人総合金メダル。
体調はイマイチだったようだけど、それを感じさせない圧倒的な演技構成。
ぼくは小学校高学年の時に前方宙返りを覚え、その浮遊感覚が好きで、休み時間にはしょっちゅう校庭に置いてあったタイヤを踏み切り板に見立て、空中へ舞って遊んでいました。
それにしても体操選手の身体は美しい。
よし、あのしなやかさを身につけてやるぞ!

Img_5238p1

EOSX6i + EF70-200mm F2.8L II USM (8月1日、関屋浜にて撮影)

「カラスの黒い羽は、本当は銀色なんだ。カラスはあんまり強烈に輝くから他の鳥に悩まされることがない」 (by Don Juan・・・カルロス・カスタネダ著”呪術師と私”より)

これは、カラスのエネルギー・フィールドのことを言っているのだけど、内村航平選手のオーラも、輝きが他の選手と一線を画しています。すごく透明感のある、青白い白。
あと数年は他の選手におびやかされることもないでしょう。
感動をありがとう、内村クン!

« 千灯まつりが終わった | トップページ | 太陽は黒点がいっぱい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も高校生の時に体操部に所属していましたよ~。それまで運動部なんて考えられませんでしたが、ひょんなことから入りました。器具はひととおり揃っていたにもかかわらず、出来る部員がいなかったので、みんなでマット運動の日々…それまで運動らしい事を殆どしてこなかった私が唯一出来るようになったのは倒立でした。その頃はコマネチが全盛期で先輩たちは燃えてましたね…。私もオリンピック種目で一番好きなのは体操です。あの鍛え上げられたしなやかな身体の美しさ…。しかし、残念ながら私の体操部はその年の秋には部員が少なくなり廃部になりましたよ。その後に入ったのは剣道部でした…出稽古が辛かったです。(>_<)トシヒコさんは人のエネルギーやオーラが見えるのでしょうか?私は何色なんだろうなぁ…。

話すと長くなりますが、中学の時の体操部、先輩がいませんでした。なぜかぼくと同学年の連中に体操好きな奴が多く、友人と知り合いだけでしたね、部員は。特にコーチもいなかったので毎日自主練習のみ。まあ遊びでしたが、楽しかったです(でも、強かったです。その中に運動神経の超いい奴が3人いて、県大会で上位に入っていたし。もちろんぼくは補欠でしたが)。高校になると体操って細分化するし、まんべんなく種目をこなさなければなりません。苦手な種目はやりたくなかったので(鉄棒とか)体操部はパス、高校は空手同好会に入りました。こちらもコーチがおらず、先輩達もリベラルな人たちばかりで体育会的殺伐とした雰囲気とは無縁。楽しかったです。叔父が福島県の剣道の大御所だった関係で、子供の頃は父から何度か無理矢理剣道を習いに行かされそうになりました。でも、なぜか剣道が怖くていやで、泣いて抵抗し、剣道はやらずにすみました。
オーラはこの写真のように見えます。透明は幕がカラス全体を包みこんでいるのがわかるでしょう?実はこの写真、ちょっと加工して実際のオーラが見えている様子を再現してみたんです。このカラスそのものが特別な個体だったせいもありますが。
色は皆さん気にされますが、あまり関係ないです。層によって異なってくるし。それより大きさですね、個人差があるのは。こちらの脳がシータ波になっているときなど、幾何学図形が重なって見えることもあります(今はほとんど無理ですが、子供の頃はよく見ていました)。

hermitさん、補足です。先日ルハンさんからメールを頂きました。福島原発のその後の状況を聞かれました。いつか日本に来るそうです。日本に来たら、元気と一緒にレストランへ夕食を食べに行こう、と書いてありました。めっちゃ嬉しかった!
ルハンさんは気配りを欠かさない、本当に優しい人ですね。

ルハンさんからメールが? すばらしいっ!!

スゴいことですね~っ。

英語ができるから会話ができていいですねぇ。

いいなぁ。ルハンさんは日本の原発問題をどうみて

いるのでしょうかね。

ルハンさんは、元気さんの本にも書いてあったように昨年3月の出来事を明確に予言していた人です。別に悲観も楽観もしていないようです。ルハンさんのメールはいつもシンプル。しかし、その選び抜かれた短い言葉に全てが詰まっています。この件に関しては、I hope things get better.と。あ、それと服装について、素材はコットンがよく、ルーズフィットのものが気を集めやすいとありました。黒がいいことは既に元気さんの本で紹介されていますね。ぼくが以前You TubeにアップしたGateway of Dragon's Tearsの演舞で、黒の、肌にぴちっとした化繊のウェアを着ているのですが、それを見てのコメントです。確かにタイトフィットのウェアは着ていてすぐ疲れるんです。やっぱ、ルーズフィットかあ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 千灯まつりが終わった | トップページ | 太陽は黒点がいっぱい »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31