無料ブログはココログ

« 今年初の大乱舞 | トップページ | ホタル星景 (前編) »

2012年7月10日 (火)

今日もいるかな?

ホタルの生態が知りたくて、ここ3年同じ場所へできるだけ数多く足を運ぶようにしています。
おととしと去年は地元のポイントへ日参したけど、ホタルの寿命は成虫になってから1~2週間ほどなのですが、そのうち活発に飛び回るのは2~3日にすぎないように感じます。
成虫になってからは餌は水だけで生きるので、日照り続きの時はホタルにとっては災難。
体力温存作戦で木陰に隠れてじっとしていることが多く、乱舞は期待できません。
月の光もノーグッド。月明かりがあるときは、決して直接月光が当たるところへ飛んできません。
先週は梅雨らしい日が続きましたが、雨の降り方がひどいと、やはりホタルはじっとしていることが多くなります。
なので、雨の上がった時はチャンス。しかも、待望の闇夜の到来です。
それをおとといの夜は実証できました。
ホタルは交尾した後、雌も雄もすぐ死ぬことはありません。
しかし、いったん交尾すると体力がなくなるため、それまでほど活発に飛び回ることはなくなります。
条件にもよりますが、1年の間で、その特定の場所で乱舞のピークは基本的に1日だけです。(個体数の多い西日本の場合にはあてはまらないかもしれませんが、ぼくの地元の新潟県下越ではそうですね。)
9日も前日と同じ場所へ行ってきたのですが、前日の4~5割減といったところでした。
それでも、まだ十分に見応えあります。
前回は撮影で幾つかの失敗を犯したので、撮り直しという動機もあります。
※地面の硬い場所に三脚を構える
※三脚は一回りごついものを使用
※パノラマ合成のため、水平出しをしっかりと行う
※X6iは夏場の長秒露光写真には不向きなので使わない

Img_4917_5000p

EOS7D + EF70-200mm F2.8L II USM (70mm側にて)
総露出時間約30分 (比較明合成)

あぜ道には進入せず、硬いベアグランドから中望遠の焦点距離で狙いました。
このあとカメラを左に振って同様の撮影を行い、2フレームを横に繋ぎ合わせる予定だったのですが・・・
なぜか2フレーム目に何も写っていないことが帰宅後判明。
原因もわかりません。もう一度、来年も来いよということなのでしょう。
コンポ枚数を増やしたので、なかなか壮観ではあります。

Img_4690_4723p

EOS60D改 + EF14mm F2.8L II USM
総露出時間約15分 (比較明合成)

長靴はいて、沢の中へじゃぶじゃぶ入っていって撮りました。
水深は10~20cmしかないので、別にたいしたことはないんです。
60Daを使うつもりが、誤って予備で持って行った天体仕様の60D改の方を使ってしまいました(^_^;)

Img_4724_4793

EOS60D改 + EF14mm F2.8L II USM
3フレームをPhotoshopでパノラマ合成(Photomerge)

正面に見える屏風のような杉木立の付近ではまだ撮ったことがなかったので、パノラマ写真でそこを含めてみました(横幅1500ピクセルにリサイズ)。
木立の上の方までまんべんなくホタルが飛び交っているので、本当に幻想的です。
天気はこの日も曇りだったのでホタル星景は撮れませんでしたが、知り合いに現場で遭遇し、楽しいひとときを過ごさせて頂きました。
hosioさん、ありがとうございました。

« 今年初の大乱舞 | トップページ | ホタル星景 (前編) »

ホタル2010-13(下越)」カテゴリの記事

コメント

Wao!!ですね。
日曜日は胎内市に居るので、帰りに葡萄まで行って見ようかと思ったのですが、仕事と疲労で諦めて仕事してました(^^;・・・・やっぱ無理してでも行けば良かった!!

明日辺りでも行って見たいですが、まだ仕事が忙しいので無理かなぁ。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

Tomさん、それは残念でしたね。昨夜はhosioさんとTomさんの噂話をしてたんですよ。仕事が忙しくて来られないのかなあって。今日も懲りずにぶどうへ行ってきましたが、今日は昨日よりさらに半減。そして、今日は今日でやはりぼくのブログを見て駆けつけたという胎内市のEさんとご一緒し、仲良く撮影していました。今日は念願の天の川を見ることができました。いい星空でしたよ。ホタルの数がもっと多ければと思うんですが、また来年ですね。

Tomさんへ補足です。ぶどうのホタルはもう終わりですね。ここは標高180m。今週もう一度雨が降るので、そののちにもう少し標高の高い場所へ行くとまだまだホタルの乱舞を見るチャンスがあると思います。思い当たるポイントは、hosioさん一押しの滝頭湿原(阿賀町)でしょうか。ぼくはまだ昼間でさえもここへ行ったことがないので、ひょっとしたら足を運んでみるかもしれません。

すごい数の蛍ですね。私は胎内の旧黒川辺りで蛍の生息地を探していますが、これほどの所はまだ見つけられません。
本当に蛍のピークは短いですね。10日の夜は晴れたので9日に見つけたポイントに行ってみましたが、ほとんど飛んでいなかったです。木や畦で光っているのは沢山居たのですが、ただの星景写真になってしまいました。

昨日はご一緒させていただきありがとうございました。また、いろいろと教えていただきありがとうございました。まさか?ご本人にお会いできるとは思っていなかったので、私にとって非常にラッキーでした。今日PCで画像をチェックしたら… また来年リベンジしなければ!と思いました。 ↑ の2枚目や3枚目の写真、きれいですね。自分の好みです。今日もまたどこかで撮影されているのでしょうかね。またよろしくお願いいたします。

tantanさん、こんばんは。日曜の夜は各地で一斉に乱舞したようです。1日違うだけでホタルの数は半減するので、たまたまベストではないその日に新たな場所を訪れた場合は、な~んだこの場所たいしたことない、となってしまいます。最終的には自分の嗅覚でここだと思った場所に通い詰めることが乱舞に出会うポイントだと思います。なんだかんだ、県北の山間部は昔ながらの自然が保たれてるので、ホタルの聖地は探せばいくらでもあると思います。ぼくも昨夜は晴天が見込めたので、またしても同じ場所へ出撃しました。なかなかの天の川でしたね。やたら流星が写ったのですが、そんなことはなかったですか?

Eさん、こちらこそ昨夜はお世話になりました。ホタルの数は少なかったけど、その代わり素敵な星空に出会えたので、お互い幸せでしたね。ホタル写真はある意味、天体写真より露出の決定が難しいです。いろいろなセッティングで数を撮るのが上達の秘訣だと思います。今日はこれから画像の加工ですが、大失敗をやらかしました。星景写真をjpegで撮ってしまった。ホタルはいつも枚数が多いので、あと処理が面倒なので今年はjpegで撮っていますが、星を写し込む場合、つまり星景写真を撮る場合はRAWで撮っています。かなり過激な処理をすることがあるので、14ビットのRAWは必須なのです。ぼくも来年新たな気持ちでチャレンジします。

先日は有り難う御座いました
パノラマのホタルは圧巻ですね凄い!
 それから昨日は私も迷ったのですが
連日の寝不足から断念しました(笑)
 たきがしら湿原も天気がイマイチですね
どうしても星とホタルを撮りたいので曇りでは
行く気になれないし・・・また来年のお楽しみ?
 しかし佐藤さんと出会ってから色々と人の輪が
広がって来たみたいで嬉しいです
これからも宜しくです

hosioさん、やはりお疲れモードでしたか^^;
ついさっき、速攻処理した写真を一部アップしましたのでご覧下さい。先に夢をかなえさせてもらいました!
昨日耳にした情報によると、今年は例年に比べホタルの数が場所によって極端に少ないのは、昨年7月の豪雨でホタルの卵が流されてしまったためだそうです。それで納得。ぶどうのあたりは馬鹿みたいには降らなかったのでしょうね。ということは阿賀町の滝頭湿原はダメージ受けてるかもしれませんね。まだ行ったことないので、植物撮りに一度は行くつもりですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年初の大乱舞 | トップページ | ホタル星景 (前編) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31