無料ブログはココログ

« 棚田と天の川 (3) | トップページ | 愛はいつでもここにある »

2012年6月 2日 (土)

棚田と天の川 (4)

Img_4441p

EOS60D改 + SIGMA FISHEYE 10mm F2.8 DC HSM
ISO1600, F3.2, 60秒 (追尾撮影)

時刻は1時38分。相変わらず湿度は高いけれど、天の川のコントラストは最高潮に上がってきました。極私的、本日のベストショットです。

Img_4445

EOS60D改 + SIGMA FISHEYE 10mm F2.8 DC HSM
ISO1600, F3.2, 60秒 (追尾撮影)

レンズを反対側へ向け、北半分の天の川を撮りました。
アンドロメダが下の方に写っています。
こちらの方角はさらに湿度が高いようで、下半分が変な色に被っています。
このあと、レンズが曇ってどうしようもなくなったので、もう1本の広角レンズに切り替えました。

Img_4452p

EOS60D改 + EF14mm F2.8L II USM
ISO1600, F2.8, 60秒 (追尾撮影)

時刻は2時5分、天の川が垂直に立とうとしています。
この1枚のみ、色調を青っぽく(つまり好みの色合いに)してみました。
場所も100mほど移動しました。

Img_4455

EOS60D改 + ROKINON 35m F1.4
ISO500, F3.2, 4分 (追尾撮影)

最後にレンズを再びSAMYANG(ROKINON)の35mmにチェンジし、天の川の中心部を撮影して終了。丁度、薄明も始まりました。夜は短く、あっという間でした。
本当にこのレンズはピント合わせがシビアで、このカットも微妙にずれています。
この日撮った中で、このカットのバックが最も黒く締まっています。いかにこのときの空の条件がよかったか、今更ながら写真をフォトレタッチしながら感慨にふけるのでした。

« 棚田と天の川 (3) | トップページ | 愛はいつでもここにある »

星景写真(下越)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
やはり追尾撮影は写りが違いますね凄いです
 ところでこの場所ですが
先週、秋田の元滝へ行く途中で
葡萄に寄り道して天蓋高原の道を
逆からたどってロケハンして見たのです
ここは山の尖った方向が南だから
この水田に映るかも思った所かも
 広い所も有りましたが杉林の中を
抜けた先にある水田が良いなと思った
のですがそのあたりでしょうか

月没後の僅かな時間で素晴らしい天の川を撮られましたね。今朝の新聞に40億年後にアンドロメダ銀河が天の川にぶつかっている予想図が出ていました。凄い写真が撮れそうですが、その頃水田はあるのでしょうか・・・

佐藤さんの機動力を見習わなくては、と思いつつも近所でお茶を濁す撮影スタイルを変えられません。もうすぐ梅雨入りで星空とはしばらくお別れですが、晴れた土曜日の夜は仕事がらみの用件が入ってしまうという悪循環です。

hosioさん、熱心ですね。北中から蒲萄へ向かうと、道路の左側にブルドーザーみたいなのが停まってませんでした?そのすぐ手前に、文句は忘れましたが棚田があることを示す看板が立っているはずです、夜だとわかりにくいですが。そこを左折すると長い杉林を抜けます。そこのことを言っているのかな?はい、今回はその場所です。右手へ上がっていく農道があり、そこを20m上がったところです。途中からさらに100mほど上がりましたが。ずっと行くと、上部の舗装された農道に合流します。棚田の一番上にあたります。そこから広域農道へ戻ることもできます。
ちなみに、今回の撮影地の位置ですが、キャノンのコンデジを持参し、GPS情報を記録しました。
N 38°25'04" E 139°36'26" 標高268m

tantanさん、こんにちは。悪循環が重なっているようで、不運ですね。ここにきて一気に好天が続きましたので、ちょっときつかったけど連チャンしました。それにしてもアンタレス、素晴らしいですね。海外で撮ったみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 棚田と天の川 (3) | トップページ | 愛はいつでもここにある »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31