無料ブログはココログ

« 天蓋高原の春 (3) | トップページ | 夢の花園 »

2012年5月 2日 (水)

明日への架け橋

4月30日、夕方から絶好の好天になることが見込まれたので、チューリップフェスティバルの会場で知られる、胎内市長池公園へ夜中に行ってきました。
月が没するのは日付が変わって翌日1時17分頃。
完全に没すると花の色が出ないので、0~1時ぐらいが撮り頃と思われます。
1週間前に下見したときは全く咲いておらずどうなることかと懸念されましたが、8分咲きぐらいにはなっていて一安心。
チューリップはぼくの大好きな花です。結構、気合いが入りました。

Img_3242

EOS7D + EF14mm F2.8L II USM
ISO800, F4.0, 60秒(追尾撮影)

撮影時刻は0時10分。まだ明るく、天の川は視認できません。
写真に写して強調処理しても浮かび上がってきません。しかし、花はきれいに写りました。

Img_3243

EOS7D + EF14mm F2.8L II USM
ISO800, F3.2, 30秒(追尾撮影)

続いて、白鳥座をロックオン。やはり明るい恒星がかろうじてわかるのみで、星雲のディテールは写りませんでした。

Img_3250

EOS7D + SIGMA 17-50mm F2.8 OS EX DC HSM (35mm換算23mm)
ISO1000, F3.2, 40秒(追尾撮影・プロソフトンA使用)

丁度サソリ座が全容を現したので、縦位置でサソリ座を入れてみました。

Img_3285

EOS7D + SIGMA FISHEYE F2.8 EX DC HSM
ISO1600, F2.8, 60秒(追尾撮影)

さて、撮り頃と思われた1時~1時半の間はレンズを10mmフィッシュアイに変え、ひたすらこの構図で撮り続けました。
この構図のイメージは、現地へ着いてから、このレンズでこういう構図でと決めていたものです。
新発田市と胎内市の光害はそれなりにありますが、思ったより暗く、また当日の空がおそらく今年一番の抜けの良さが感じられたため、撮っていて手が震えました。
タイトルの「明日への架け橋」も、この1枚を念頭に選んだものです。
先日の天蓋高原でも、思いもよらぬ神秘的な絵が撮れましたが、桃源郷は時と場所をピンポイントで選ぶけれど、まだまだ身近にあるものですね。
地球って本当に美しい。
一期一会に感謝です。

« 天蓋高原の春 (3) | トップページ | 夢の花園 »

星景写真(下越)」カテゴリの記事

コメント

ひとこと、綺麗ですーう。

絶好の天候、条件を確実に作品に反映できる佐藤さんは凄いです。

けんちゃさん、ありがとうございます。
暇人なので、今日しかないというときは重い腰を上げて現地へはせ参じます。チューリップ畑で天の川を一緒に写し込むことが夢でしたが、ようやく念願かないました。豪雪で開花が遅れてくれた分、いいタイミングで天の川が昇ってくれました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天蓋高原の春 (3) | トップページ | 夢の花園 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31