無料ブログはココログ

« 棚田と天の川 (2) | トップページ | 星景写真の写し方 »

2012年5月29日 (火)

異次元の境内

27日の深夜、車で25分の二王子山神社へ行ってきました。
23~1時まで晴れ間が見込まれたためで、新発田市内は曇っていたけど、確信があったので迷わずGO。
おそらくここは類い希なるパワースポットです。
深夜に行くとよくわかるのだけど、境内の30m四方がまるで空気感が違い、すっぽりと円筒状にそこだけ独立しているというか・・・
それはともかく、ここは周囲を高い杉林に囲まれているので、天の川が出ていないときは足下が見えないほど暗いです。
光害も上空には全く感じられず、この日も先日行った村上市北部の棚田で見た星空と同等のコントラストがありました。
着いたときは丁度白鳥座が林の切れ目に顔を出したところで、それからの1時間、あれこれアングルを変えながら撮影にいそしみました。

Img_4375_2

EOS60D改 + EF14mm F2.8L II USM
ISO1600, F2.8, 55秒 (追尾撮影)

時刻は23時50分、最初のカットです。
今まさに天の川が昇ってこようとしています。

Img_4381

EOS60D改 + EF14mm F2.8L II USM
ISO1600, F2.8, 60秒 (追尾撮影)

0時8分、天の川がいよいよ姿を現しました。
肉眼でもはっきりと白っぽいもやもやがわかりました。
透明度はどんどんよくなっているようです。北の低空にあった薄雲もなくなりました。
林や神社の建物は、1分程度の露出では実際には真っ黒にしか写ってないのですが、露光を1.5EVほどPhotoshopで持ち上げてやるとディテールと色彩が現れました。
地上風景は黒いシルエットとして表現するのが一般的かもしれませんが、今回はあえてある程度地上風景のディテールも出してみました。

Img_4387p1_2

EOS60D改 + EF14mm F2.8L II USM
ISO1600, F2.8, 60秒 (追尾撮影)

縦アングルの二王子神社です。
標高は約200m、登山道の入り口に立っています。
すぐ脇の谷間を渓流が流れており、せせらぎの音が涼しげに聞こえてきます。
大屋根の後ろにサソリ座のアンタレスと三つ星が見えています。
透明度は抜群で、天の川の核心部が明るく浮き出ました。
(一見合成写真っぽいですが、ワンショット撮影です。)

Img_4396p_2

EOS60D改 + SIGMA FISHEYE 10mm F2.8 DC HSM
ISO1600, F2.8, 70秒 (追尾撮影)

今回も使用したレンズは2本。
シグマのフィッシュアイ10mm F2.8と、キャノンの14mm F2.8です。

Img_4398

EOS60D改 + EF14mm F2.8L II USM
ISO1600, F2.8, 70秒 (追尾撮影)

Img_4400p_2

EOS60D改 + EF14mm F2.8L II USM
ISO1600, F2.8, 70秒 (追尾撮影)

最後のカットを撮ったのが1時ジャスト。
直後に、魔法が解けたような脱力感があり、神社を後にしたのでした。
麓の田貝に着いてから空を見上げてみると、今までの満天の星空が幻であったかのように薄雲で覆われていました。

« 棚田と天の川 (2) | トップページ | 星景写真の写し方 »

星景写真(新発田市)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 棚田と天の川 (2) | トップページ | 星景写真の写し方 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31