無料ブログはココログ

« スーパームーン | トップページ | トーラス瞑想 (1) 活力を取り戻すために »

2012年5月 8日 (火)

フラワー・オブ・ライフ

スーパームーンを見に行った日のこと。
帰宅後、須藤元気さんのブログからTHRIVEという非常に興味深い映画と巡り会いました。

132分の長編ですが、三部構成からなる最初のパートが個人的に最も面白く感じました。
最初の「法則」と名付けられたパートは、次の項目から構成されます。
*トーラス
  トーラスは様々な文化で、何千年にもわたって記号化されてきた  
*ベクトル平行体
  何千年前の人々がどうやって宇宙の生命の図形に関する高度な知識を得たのか
*地球外知的生命
  世界中に出現するミステリーサークル
  ミステリーサークルと古代の模様の一致
*ニューエネルギー技術

ふんだんに用いられているCGが、電撃のようにぼくの頭の中で幾つかの大きな断片を立体的に、有機的に再構成したのでした。
トーラスとベクトル平行体については、ドランヴァロ・メルキゼデクの「フラワー・オブ・ライフ第1巻、第2巻」にさらに詳説されています。
この映画でも採用されている写真や図形がやはりここでも掲載されているのですが、内容が非常に高度なため、想像力を駆使してもそれを立体的に視覚化することは完全にはできなかったのです。

Img_3549

そのため、こんなグッズをネットから購入し、視覚化の助けにしたりしていました。
これはクリスタルの直径4cmくらいの球の中に幾何学図形が描かれているもので、台座の上に載せるとゆっくりと回転しながら色が7色に変化する、いわば癒やしグッズです。
スイッチをオンにすると同時に、部屋の空気感が変わるのがわかります。

Img_3553
そして、これが知る人ぞ知るフラワー・オブ・ライフの図形。
数年前にやはりネットから購入したものです。
この図形はエジプトのオシリス神殿をはじめ、世界各地で見つかっており、この構造の中を流れるエネルギーの基本形がトーラスなのである、と映画では説明します。
背景で流れる、2次元の図形が回転をはじめ、立体的にトーラス形状へと変化していく映像はぼくの中でプチ爆発を起こしました。
特に、ミステリーサークルの映像はこの上なく美しかった。
平面の画像がCGにより立体的に動き出します。
言葉にならない感情がこみ上げ、ハートが熱を帯びてきました。
そして、自然と涙が流れてくるのを止められませんでした。
高度な知性の存在を感じました。ぼくたちは見守られているのです。
この宇宙のどこかで、高い次元のかなたからぼくたちに無償の愛を注ぎ続けている存在たちがいるのです。

 ドランヴァロ・メルキゼデクが教えるマカバ瞑想、トム・ケニオンが教えるホロンのアセンションという瞑想法、そしてルハン・マトゥス氏が教える龍の涙というシャーマニック・ムーブメント・・・ぼくはこれらを過去数年の間に習得してきました(ただし、龍の涙についてはそれそのものでなく、その入門版のムーブメントなのですが)。
前2者については外見上も共通点が多く、トーラスの流れを意識的に作り出すことをその本質としていると感じてきましたが、ここにきて龍の涙もその例外ではなく、自然とトーラスに共鳴する、さらに効果的かつ高度な体系であることを悟ったのです。

さらに映画は続けます。
オシリス神殿をはじめ、古代エジプト文明を牽引したのは太陽神ラーをはじめとするハトホル、オシリスなどの神々でしたが、映画ではそれら古代の神々は銀河系の高度文明から来た存在たちではなかったかと、豊富な資料を元に新たな世界観を提起します。
映画ではそこまでですが、ドランヴァロやトム・ケニオンはさらに詳細な情報を開示してきました。
そして、かのルハン氏も幼少の頃ETとコンタクトし、彼らからヒエログラフを授かったと述懐しています。
彼はある特殊な夢見の中で、20年以上にも渡り、かつてはカルロス・カスタネダが教えを受けたナワ-ルの一団から教えを受け続けてきました。
彼らは未知の存在形態を取る意識体として、現在も物理次元を超越した世界で存在しているのですが、彼らもルハンがコンタクトした地球外知的生命体に強い関心を示し、宇宙がいかに深遠で、既知のものがいかに狭い世界観に基づいているかをルハンに説きます。
ルハン氏の最初の著作は、そのかなりのページをヒエログリフの解明に割いているのですが、つい最近その図形のフリーダウンロードを始めました。
その的確な説明をできるほど、ぼくもまだ理解はできていませんが、これらの図形をじっと見つめていると何かがシフトを始めるのを感じることができます。
最初のヒエログリフが人類が現在置かれている状況、次のヒエログリフが人類が本来あるべき姿の象徴、最後のそれが人類の目指すゴールを示唆するものと位置づけられています。
ちなみに、3枚目の”完了のヒエログリフ”と名付けられた図形は、須藤元気さんが自分の率いるWorld Orderのロゴマークに使っています。

Hieroglyphsa3_haunted

Hieroglyphsa3_innerlight

Hieroglyphsa3_completion

THRIVEは、日本語のHPを持っています。
わかりやすくまとめられているので、映画を見る前にこちらをご覧になると、理解の一助となることと思います。

« スーパームーン | トップページ | トーラス瞑想 (1) 活力を取り戻すために »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スーパームーン | トップページ | トーラス瞑想 (1) 活力を取り戻すために »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31