無料ブログはココログ

« 古代トルテックのアート | トップページ | ポートレート »

2012年3月 5日 (月)

秘蔵っ子

Img_0009

Img_0012

コンデジを、キャノンのG10からSX260HSに買い換えました。
G10よりセンサーサイズは小さいけれど、画像処理エンジンは新世代のDIGIC5。
G10はすぐに白飛びする画質だったけれど、今度のはそれがかなり改善されているようです。(1枚目の写真参照)
アルツスキー場で磐梯山を撮ってみた限りでは、3年前に同じ構図でG10で撮ったそれと比較して、ほぼ遜色ありません。テレ端(35mm換算500mm)の解像力も充分。

ところで、これはぼくの主力機種・STOCKLI LASER CX 170cm。
今年1月に買い足した板だけど、質感の高さ、エッジや滑走面の仕上げの良さはオガサカを上回っています。おそらく世界一。
足下に伝わってくる情報量の豊富さも、他社のエキスパート用機種の比ではありません。
組み合わせたプレートがこれまた通です(自画自賛)。
VISTの一番価格の安いそれなんですが、剛性感は丁度オガサカのFM600とRC600FLの中間ぐらいでしょうか。RC600FLは530gとマーカーのワールドカップピストンプレートの500gより重く、フレックスがあまり出ない構造になっているので却下。
このVISTプレート、結構幅があるのでアトミックのXビンディング同様、力がダイレクトに伝わり、足下のグリップ力が適度に向上しています。
価格はそれなりに高いけど、オーストリーの主力メーカーの板に比べ、いかに丁寧に作られていることか。
質量も軽めでかなり柔らかめの板だけど、そこそこの高速域に入っても板はばたつきません。こちらの意思を汲み取ってくれるような、絶妙な反応と挙動。

話は変わって、再びキャノンのSX260HS。
次の写真は手持ちでの撮影です。ISO1600、F4.5、1/15秒。
コンデジには厳しい条件だけれど、思ったよりよかったです。
この写真は撮って出しではなく、それなりにフォトショップでフォトレタッチしてありますが、ピクセル等倍で見てもブレはありませんでした。ISの効きも強力のようです。

Img_0014p

(新発田市大栄町界隈)

« 古代トルテックのアート | トップページ | ポートレート »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 古代トルテックのアート | トップページ | ポートレート »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31