無料ブログはココログ

« LPS-V4を試す | トップページ | Astronomy Picture Of The Day »

2011年10月28日 (金)

ガム星雲との再会

10月27日、天気予報と直感を天秤にかけながら、結局山形県の樽口峠を選択。19時頃から翌3時までいました。
21時までは薄雲が多く、なんとか北極星を極望で追い込める程度。しかし、21時半を過ぎた頃から徐々によくなり、深夜にはいつもの樽口の空に戻っていました。
22時前に新潟市からKさんが合流。平日にここで人に会うのは珍しいです。
なんでも、この日が天体写真3日目なんだとか。まだ赤道儀を持っておらず固定撮影一本槍のKさんですが、ものすごく星に対する情熱をお持ち。
楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

_mg_3667_69p

EOS60D + EF100mm F2.8L IS MACRO USM (with LPS-V4 filter)
ISO1600, F2.8, 5分 (3枚コンポ)

この日は前半の2時間、毎度のごとく機材の調整ミスで200mmの作品は全滅。
気を取り直して100mmに切り替えたら、今度は歩留まり90%でサクサク撮影できました。P2よりV4の方が画像処理がやりやすい気がするのは気のせい?
上の勾玉は露出がやや不足しているので、青の発色にしわ寄せが行きました。

_mg_3674_81p

EOS60D + EF100mm F2.8L IS MACRO USM (with LPS-V4 filter)
ISO1600, F2.8, 5分30秒 (7枚コンポ)

V4は露出倍数が約3倍かかるので、ポー赤には荷が重いです。
しかし、焦点距離を欲張らなければ問題なく使えます。
実用的なのは100mmまででしょう。100mmの単焦点ならレンズの重量は700g程度なので、三脚やポー赤本体への負担も少なくて済みます。
2枚目の写真はコーン星団とバラ星雲のコラボですが、やっと思い通りの絵が撮れました。

_mg_3684_87p

EOS60D + Samyang 35mm F1.4 AS UMC (with LPS-V4 filter)
ISO1250, F2.8, 6分 (3枚コンポ)

ほんまかさんの写真を見習ってエリダヌスに拡がる散光星雲を入れようと思ったけど、35mmだと長すぎますね。24mmなら丁度いいかも。

_mg_3695

EOS60D + Samyang 35mm F1.4 AS UMC (with LPS-V4 filter)
ISO2000, F2.8, 2分 (ワンショット)

2時前には帰るつもりが、南の低空の透明度が上がりだしたので長居をしてしまいました。
昨年は11月20日に初めて西会津でガム星雲を撮りましたが、そのときと同程度の透明度だったと思います。
星景写真を撮ったらよく写ったので、気をよくして南の低空だけを10枚ほどパチリ。
オリオンの下部にあたるわけですが、オリオン座下部一円において星が流れるわ、流れるわ。ちょっとした流星ショーも見ることが出来て最高でした。
シリウスが上の方に写っています。

_mg_3697p1

EOS60D + Samyang 35mm F1.4 AS UMC (with LPS-V4 filter)
ISO1250, F2.8, 6分 (ワンショット)

今回、カメラ側の色空間の設定は全てAdobe RGB。
最終的にsRGBに変換しなければwebにはアップできないのだけど、やはりワインレッドのような赤を出すにはAdobe RGB、有利ですね。
昨年は100mmで撮ったのですが、今年は35mmで全体の拡がりを表現してみました。
とも座周辺、個人的にすごく惹かれるものがあります。
11月下旬はカノープスとセットで写せたらいいなと思っています。

« LPS-V4を試す | トップページ | Astronomy Picture Of The Day »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

おお、もうガム星雲を撮ったのですか。早いですね。
去年はLPS-P2やV3、Hαでガム星雲を撮ってみたのですが、P2では話にならない写りでした。今年はV3かHαでたっぷり露光してみようと思います。

自由雲台の話、たいへん参考になりました。
相性問題があるとは。購入する時に気をつけます。

うわー、どれもすごい写真ですね。
バラ星雲の脇にこんな大きな星雲があるのですね。初めて知りました。
赤物は大の苦手なのですが、やっぱりノーフィルターやP2程度ではだめですね。
V3やV4の購入を考えてみます。

てげてげさん、こんにちは。遅ればせながら、入賞おめでとうございます。V4は確かにP2よりはよく写りますね。ただ、P2より星回りにフリンジが出やすくなるので(絞り開放だと)、半段絞った方がいいかも。でも、ノータッチガイドと厳しいことは厳しいです。
まるひさん、バラの脇の大きな星雲はコーン星雲(クリスマスツリー星団)です。tantanさんの写真で知りました。まるひさんの主砲向きの対象かと。
ここはP2でもそこそこ写りますよ。

佐藤さん
 バラとコーン...こういう構図もいいですね。ガム星雲...いままで全く考えたことが有りませんでした。地上から沸き立つような様は素晴らしいです。

先日はご指導頂き感謝してます 早速プリントしてまた感動 A1サイズにひきのばそうかかんがえてます また星にはまりました 佐藤サンほんと有り難うございました

けんちゃさん、この構図は他人の二番煎じです。でも、個人的にとても気に入っています。ガム星雲、とても広いので、空が良ければ燃え立つように写ります。こればっかりはV4のおかげです。今回35mmを使いましたが、24mmでもいいかもしれません。

小林さん、先日は楽しいひとときをありがとうございました。こうしてコンタクトが取れて嬉しく思います。ぼくのブログにコメントを寄せて下さっている方はみなさんベテランばかり。ぼくも随分学ばせて頂きました。小林さんにとってもこれらベテランたちのブログやHPは参考になると思います。A1サイズ、楽しみですね。ぼくはA3ノビまでしかプリントしたことがありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LPS-V4を試す | トップページ | Astronomy Picture Of The Day »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31