無料ブログはココログ

« 勾玉星雲とレムナント | トップページ | カノープスを求めて »

2011年10月31日 (月)

キーワードは無邪気さ

先週の土曜日、妹に頼まれて高校1年になる甥っ子の初舞台の写真を撮りに行ってきました。いや、たまげた。初舞台というのは大げさだけど、学園祭でバンドデビューを果たしたわけです。担当はドラム。
いつ楽器を始めたのだろう。ぼくの知っている彼と、まるでイメージが重なりません。
でも、かっこよかったなあ、堂々として。

_mg_0671

今朝、いつものように阿部敏郎さんのブログを読んだのですが、こんな一節が心を捉えました。

さっきまであなたの中にあった波動が、いまは僕の中に入り込んでいる。

その時、僕はさっきまでのあなただ。

ひとつの固定された人格が継続的に生きているんじゃなくて、それは次々と入れ替わっている。

美しい詩を書いた同じ人が、次の瞬間、口汚く他者を罵(ののし)る。

それが現象界の真実。

多くの人が自分を認められないのは、低いレベルの波動が時折自分を乗っ取るからだ。
 
でもね、みんな同じなんだよ。

言わないだけでね。

自分の中にいろんな面があるんじゃなくて、いろんな面がいろんな人を出入りしているだけ。

あなたの中に現れるのは、人間が共有している様々な波動であって、あなただけの独占物じゃない。

だから安心してね。

自分を認めるというのは、人類全体を認めるってこと。

だって、あらゆる人が、あらゆる可能性を携えているのだから。

あなたの中にあるものは、全部僕の中にもある。

あなたは僕だし、僕はあなただ。

美しさも醜さも両方持っている。

それはどちらか片方では存在できない。

醜さがなくて、どうして美しさが存在できるだろう。

ふたつでひとつ。

なにもかも、ふたつでひとつ。

だからプラスだけになろうなんて思わないでね。

なれやしないから。

あるがままでOKって、そういう意味なんだよ。

うまく伝わったかな。

これからも自分を向上させようと奮闘するか、それとも潔くあきらめてあるがままを認めるか。

あるがままを認めると、これ以上成長しなくなっちゃうって考えてない?

それは誤解だよ。

あなたは永遠に、いまあるがままのあなた以外にはならないのだから。

この真実を見抜くのは、自分への最高のプレゼントになる。

あんな人も、こんな人もいやしない。

あんなときや、こんなときがあるだけ。

みんなで楽しくやろうよ。

鎧を脱いで無邪気に遊ぼう。

もうそんなこと、どうだっていいじゃない。

いまを陽気に生きようよ。

この世は宇宙の戯れ、リーラだ。

世界はどこにも向かっていないし、目的もない。

ただ、いま、こうしてあるがままにあるだけだよ。

いつだってね。


うん、わかるわかる。
”いろんな面がいろんな人を出入りしている・・・”
あの瞬間、ぼくは彼の中に入っていた波のような何かが、同時にぼくの中に昔も今も奥深くにひっそりと存在している何かと共鳴したことを自覚しました。
この日の夜は山奥の農道でスタックし、生まれて初めてJAFのお世話になったのです。
しかし、そんな圧倒されるような悲劇の最中においても、それがきっかけで自分の中で共鳴を開始した、この日の昼間に経験したのとはまた違う種類の波の性質を冷静に観察していました。

高い波もあれば低い波もある。定期的に押し寄せる波もあれば、周期が極めて気まぐれな波もある。
この物理的な世界に生きるということは、サーフィンに例えることが出来るでしょう。
どんな波が来てもぼくたちはそれを乗りこなすことが出来るし、楽しむという選択をすることが出来る。
サーフィンの上達の極意はただひとつ。無邪気さです。

« 勾玉星雲とレムナント | トップページ | カノープスを求めて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 勾玉星雲とレムナント | トップページ | カノープスを求めて »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31