無料ブログはココログ

« 光る雲 | トップページ | マウイ島宿泊ガイド »

2011年8月 4日 (木)

銀河への想い

7月28日(現地時間)、二日連続でハレアカラへ車で上がりました。
ところがこの日は天気が悪く、いつもは晴れているカラハク展望台まで上がっても、雲は取れる気配がありません。
この日はカラハク展望台で、火口丘と天の川のコラボレーションを撮ろうと決めていたのでここで日没を迎えたのですが、サンセットでさえ見えませんでした。
それでも薄明終了まではと待機していたのですが、むしろ雲の厚さは増すばかり。
でも、変に胸騒ぎがして山頂へ行ってみたらそこだけ(おそらく標高2980mから上の部分)雲の上でした。
ただ、風は前日にもまして強く、時折突風が吹きます。
気温も低く、1時間半で体が冷え切り、撤収しました。
上空はややガスが流れていたので昨日ほどの透明度はありませんでしたが、それでもこの日も南の天の川を堪能。
はるか向こうのハワイ島も低空部分雲で覆われており、おかげでサウスコハラの街明かりが見えず、気分的には昨夜以上に高揚しました。

Img_2859p

EOS60D改 + SIGMA 10mm F2.8 FISHEYE (with TOAST PRO)
ISO640, F3.2, 180秒

他のカットを見てもわかるように、低空に色むらができました。
高度によって湿度が大きく違うものと思われます。

Img_2863p

EOS60D改 + SIGMA 10mm F2.8 FISHEYE (with TOAST PRO)
ISO1250, F2.8, 60秒

Img_2866_67p_3

EOS60D改 + EF14mm F2.8L II USM (with TOAST PRO)
ISO800, F3.5, 210秒 (2枚コンポ)

唯一このカットのみ2枚コンポジットさせました。
結果より芳醇な色合いを出すことができましたが、実はどちらのカットも強風で星が流れており、大伸ばしには耐えません。

Img_2870p_3

EOS60D改 + EF14mm F2.8L II USM (with TOAST PRO)
ISO800, F3.2, 180秒

今回白鳥座方面を写したカットはこの1枚のみ。ワンショット撮影ですが、すばらしい写りです。

Img_2873dp_4

EOS60D改 + EF14mm F2.8L II USM (with TOAST PRO)
ISO800, F2.8, 90秒

今日はハワイ島の街明かりがほとんど見えないので、この構図が一番のお気に入り。
最後に再び地平線を入れた南の天の川を写して終了。
こんなにビュービュー強風吹きすさぶ中でも、何人かの観光客が星にみとれていました。
山頂にあるサミットビルディングは夜間でも誰でも入れるので、ぼくもシャッターを開けている間ここに避難して暖を取っていました。
周囲はガラス張りになっているので、この建物の中からも充分星空を堪能することができるのです。

Img_2870p_2

Img_2870p

« 光る雲 | トップページ | マウイ島宿泊ガイド »

大自然・ネイチャー(海外)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ハレアカラの星空、圧倒されます。
すごい天の川ですね。
一度はこのようなところで星空を眺めてみたいものです。
TOASTは最高の星空の友ですねー。

skameさん、お久しぶりです。ハレアカラにしては大気の状態がイマイチ不安定で、ほぼすべてのカットに色むらが生じたのが悔やまれますが、それは贅沢というもの。今年はまともに星を見ていないだけに、溜飲が下がりました。ハワイ島のマウナケアへ通じるサドルロードは未だにレンタカーは通行禁止なので、今回はマウイ島にしましたが、サドルロードはすでに半分改修が終えているようなので、そのうちレンタカーでも行けるようになると思います。もっとも、アメリカの観光客は気にせずレンタカーでオニズカまで上がっているみたいですが。skameさんも是非海外デビューを果たしてください。

さとうさん
 素晴らしい星空ですね、憧れの星空です。憧れで終わってしまいますね、きっと。
娘は、マウナケアのツアーに行ってきました。親よりも先に。

けんちゃさん、そんなこと言わないでくださいよ~
ハワイが遠いなら、サイパンかロタ島あたりどうですか?新潟からグアム経由で手軽に行けます。グアムはちょっと明るそうですが。

最初にこのページを開いて目に止まった天の川を見て瞬間的に、いつもと違う!と思いましたがそうだったのですね。
見下ろす天の川というのはぜひ見てみたいです。まさに宇宙の中心にいる気分なんでしょうね。
星見ファンにとってはあこがれの地ですね。お金(今はないけど)と体力があるうちにぜひ行ってみたい!

まるひさん、確かに体力は必要です。車で行けるとはいえ、そこは3000mあるため高山病になりやすいのです。実際、ぼくは寝不足のせいもあり、しょっぱなから高山病の症状が出て、二日間とも頭痛に悩まされました。見下ろす天の川・・・そうですね、山頂から南斜面はダイレクトに海に落ち込んでいるため、明るいうちに見ると本当に絶景です。近年オーストラリアに星見に行く人が増えてきましたが、マウナケアやハレアカラは標高があるので、僕的にはこちらの方が聖地ですね。

想像以上に素晴らしい天の川ですね。
やっぱり、自分の目で見て感じて見たい宇宙です。

もっちゃん、こないだの浄土平の倍くらいクリアに天の川が見えました。大気の状態はもっと安定しているときはさらに見え方がすごいと思います。世界は広いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 光る雲 | トップページ | マウイ島宿泊ガイド »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31