無料ブログはココログ

« 東沢バラ公園より愛を込めて (2) | トップページ | 夢のひととき »

2011年6月21日 (火)

東沢バラ公園より愛を込めて (3)

15日の夕方に撮影したバラの写真は、今回が最終回。
16日の午前中にももちろん撮ったのだけど、それらの写真はおいおいアップするとして、明日からは昨日(19日)撮った星景写真を紹介したいと思う。
先日、福島県の双葉バラ園のオーナーの息子さんが、オーナーに代わって近況を報告していた記事を読んだ。
この人はこないだ震災以来初めてバラ園へ立ち寄ってみたそうなのだが、見事に、それは見事にバラたちは咲き誇っていたそうだ。
将来については未定としながらも、バラ園の土壌の汚染度がひどく、チェルノブイリの避難区域の土壌のそれと同じとのことで、再開については悲観的な見方をしている。
オーナーももう年であり、数年後もし帰宅できることになったとしても、体力的にバラ園を継続するのはむずかしいという思いに傾いているようだ。
東沢バラ公園のバラの写真を撮りながら、その記事のことが頭から離れなかった。
でも、東沢のバラたちは心配しないで、と語りかけてくれた。
「・・・確かに手入れする人がいなくなるわけだから人間の基準から言ったら荒れ放題ということになるかもしれないけれど、あの子達(双葉バラ園のバラのこと)は少しも落ち込んでなんかいないから大丈夫よ。
私たちはたくましい種だし、毎年花を咲かせることでしょう。」
そして、東沢バラ公園のバラたちも、これまで以上にやる気まんまんであるように見受けられた。
福島県や近県のバラ愛好家達で、これからこのバラ園へ毎年通うようになる人たちはかなりいるに違いない。
それらの人々に今まで以上に喜びを与えたい、とバラたちは光の言語でぼくにそう伝えるのだった。

Img_7362

Img_7371p

Img_7379

Img_7383

Img_7386

Img_7389

« 東沢バラ公園より愛を込めて (2) | トップページ | 夢のひととき »

バラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東沢バラ公園より愛を込めて (2) | トップページ | 夢のひととき »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30