無料ブログはココログ

« 長池公園2日目 | トップページ | 宮川地区のチューリップ(1) »

2011年5月 6日 (金)

今年初の天蓋高原

5月5日こどもの日、満を持して天蓋高原へ行ってきた。
狙いは300mmによるオメガ星団と、昇りかけの天の川。
コニーデ型の美しい山容を誇る天蓋山を中心に、天の川がまさに横たわるように昇ってくる。この場所、東は最も暗いので、季節を先取りする撮影にはもってこいなのだ。
除雪されているか一抹の不安はあったが、昨年同様天蓋高原までは除雪されていた。
でも、その先はまだ道路上に残雪があり、通行不能。
山形県境近くの山中では、まだ春は遠いのだ。
駐車場の奥半分は雪もなく乾いていたが、手前半分はまだ50~70cmの残雪があり、重機材だったら撮影できなかったことだろう。
その点、ポータブル赤道儀(TOAST)は小回りが利く。
車と駐車場を3往復して難なく機材を設置した。

Img_5350

EOS7D + EF300mm F4L IS USM
ISO1600, F4, 120秒 (ワンショット、トリミングあり)

低空はかなりもやっていたものの、全体的には悪くなかった。
今年初めてのまともな満天の星空を見て、鬱な気分が吹き飛んだ。
カラス座の上にあるソンブレロ銀河を撮りながら低空のもやが取れるのを待ったのだが、もやは濃さを増すばかり。しかも上空に薄雲が発生し、全天にたちまち拡がっていった。
撤収23時。撮った写真は、到着直後に写したこれのみ。
ところで、現地で珍しく同業者に会った。
新津市在住の方でhoshioさんといい、ブログもやっている。
星景写真はまだ2年のキャリアだというが、既に非常にレベルの高い作品群を発表している。
もともと風景写真畑の方で、事実、風景写真にも見るべき写真が多い。
この日はその後、神林村の南大平へ移動し、水田と星とのコラボレーションを撮影したらしい。
ぼくも今年は星景写真に、より力を入れてみたい。

« 長池公園2日目 | トップページ | 宮川地区のチューリップ(1) »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

夕べ寝る前に窓から見えたはくちょう座とこと座がきれいでした。あーこんな夜は星見に行きたかったなあ、と悔しい思いをしましたが、休日は出かけないことと決まっていますので仕方がありません。
天蓋高原はもう行けるのですね。去年の今頃はほとんど雪はなかったと思いますが、今年は少し多めねのでしょうか。私も今年は何度か訪れてみたいと思います。

まるひさん、いつもどうも。GPVだとこのあたりは薄雲が結構流れてくることになっていたので、ある意味予報通りの天気でした。かえって胎内あたりの方がいい天気だったかも。今年は残雪、多いです。消えるまであと2週間といったところでしょうか。相変わらず村上市街は明るかったです。とはいえ、いつもに比べ10~20%は暗かったかもしれませんが。帰りに立ち寄った菅谷は深夜でも外灯が明るすぎて、もう行く気にはなれません。なにげに、わかぶなスキー場の駐車場が今年は穴場になると思います。

天蓋高原の文字に惹かれてきました。
300mmでソンブレロ、いいですね。

5日の夜は晴天で黄砂も少し、少なくなったようで連休最後の撮影日よりでした。でも翌日は仕事、撮影は断念しました。

けんちゃんさん、ようこそ。
ソンブレロ、半分以下のサイズにトリミングしています。300mmでは全然役不足です。それでも系外銀河を撮るのは好きです。まだ撮ったことのないマリカリアンチェーンを撮りたかったのですが、場所がわかりにくいし、天頂付近になっていたので断念しました。

こんばんは
これがあの時撮ったソンブレロですか
有名らしいですね知らなかったので
調べて見ました
 しっかり暗黒部分も確認出来るし美しいです
こんな写真を見てると宇宙の広さを実感しますね
何千光年も離れた時代の光ですからね
また宜しくです

オメガ星団と同じ方角にあるので、時間つぶしに撮ってみました。場所が非常にわかりやすいので、毎年なんだかんだと撮ってしまいます。逆にいえば、場所がわかりずらい天体は導入できません。そういう天体も幾つかあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長池公園2日目 | トップページ | 宮川地区のチューリップ(1) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31