無料ブログはココログ

« 君たち、太陽の子 | トップページ | スピカとアークトゥルス »

2011年4月29日 (金)

ここは五泉市一本杉

チューリップは連作障害が出るので、毎年場所を変えて植えられる。
胎内市の長池公園なら、長方形の区画を半分に区切り、片方を菜の花畑、片方をチューリップ畑とし、交互に入れ替えているという次第。
さて、一本杉のチューリップ畑、今年はなんだかいつもより面積が広いような気がした。
いつになく深い感動を覚えたのはその性もある。
それもそのはず、昨日新聞で知ったことなのだが、今年は50種、200万本と過去最大のスケールでやっているとのこと。
なかなかすっきりしない天気が続きそうなGWではあるが、まだ咲いていない品種も多く、5月5日までは充分楽しめそうだ。

Img_4997p

Img_4953p

Img_4936p

Img_4925pp

Img_4926p

Img_4961p

Img_4968p

« 君たち、太陽の子 | トップページ | スピカとアークトゥルス »

チューリップ」カテゴリの記事

コメント

五泉市巣本...一本杉地区と言うんですね、知りませんでした。
広大な畑が広がって、遠くの雪山と、綺麗ですよね。
以前、娘が住んでいた居たときチューリップを観に行ったことがありました。この連休に老母を連れて行こうと思っています。天候が少し心配ですが。

けんちゃさん、こんにちは。五泉のチューリップ、胎内のそれより若干早く開花します。例年ならGWは盛りを過ぎているのですが、今年は丁度いい感じ。小振りな品種の多い胎内とは対照的に大柄な品種が多く、よりゴージャスな感じがするのも丸です。是非行ってみてきてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 君たち、太陽の子 | トップページ | スピカとアークトゥルス »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31