無料ブログはココログ

« 桜の秘めた力 | トップページ | 宇宙の華 »

2011年4月22日 (金)

春の足音

ぼくの住む新発田市に春がやってきた。
新発田で最も有名な桜の名所は、いわずもがな、加治川分水の桜並木。

Img_4856

近年加治川の土手にも桜並木が復元されつつあり、喜ばしい限り。
さて、お隣の胎内市はチューリップの栽培で全国的に知られており、その生産の中心は宮川地区だ。
下見に行ってみたら、チューリップはまだほとんど咲いていなかったが、水仙はほぼ満開であった。

Img_4859_2

落堀川の右岸が宮川地区だが、左岸の新発田市側でもチューリップは数多く栽培されている。
具体的には、ノーブルウッドゴルフ倶楽部の背後の砂丘地帯がそれ。

Img_4918

訪れてみると、嬉しいことに早咲きの品種が既に開花していた。
まだ残雪を多く抱く二王子山(1421m)を真っ正面に見据える絶好のロケーション。
個人的に、宮川地区のチューリップ畑よりこちらの方が気に入っている、もちろん長池公園よりも。
いつ行っても農家の方以外誰もおらず、じっくり写真を撮ることができる。
奥に見えている桜はある公園(名前失念)に植栽されているのだが、ここも秘密のスポット。やはりカメラマンの姿を見かけたことは一度もない。

Img_4882

Img_4895

何千本、何百本もあるメジャーな場所より、人の少ない小規模な場所を探し求める方がぼくは好きだ。
暗くなってしまったので写真には撮らなかったが、帰途、ほんの数本桜が生えているだけの、猫の額ほどのかわいらしい公園や、どことなく味のあるお寺の庭を発見した。
雪国の春は本当に素晴らしい。
シアワセは常に足下に転がっている。

« 桜の秘めた力 | トップページ | 宇宙の華 »

花全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜の秘めた力 | トップページ | 宇宙の華 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30