無料ブログはココログ

« The Inner Light | トップページ | 白鳥の湖 »

2010年11月29日 (月)

Adobe RGBのススメ

今回は純粋に画像処理とレンズの話。
27日の夕方、西会津町の高陽根地区へ行ってきたのですが、そのとき次のような設定で撮影してみました。

(1)デジカメの色空間を通常のsRGBからAdobe RGBにしてみる。
(2)デジカメのホワイトバランスをオートや太陽光でなく、予め18%グレーカードやカラーチャートで合わせたマニュアルバランスに設定する。

まず(1)ですが、これはモニターがAdobe RGBの色域をカバーしていないと無理なのですが、もしカバーしているならこちらに設定してあげると、間違いなく青から赤にかけて、より深みのある色彩を再現できるはず。
ぼくのモニターはNECのMultiSync LCD2190uxiという機種なのですが、特にメーカー側ではAdobe RGBを何パーセントまでカバーしているかの公表はありません。
ですが、実験してみると明確にある程度の再現性があるのでトライしてみました。
結果は次の白鳥座の写真でわかるように、より深みのある赤を再現できました。
次の(2)ですが、ぼくは誠報社さんで60Dを改造してもらいましたが、その際同社では昼間の写真でも使えるよう、予めカラーバランスを整えたセッティングをマニュアルホワイトバランスに設定してくれたのでした。
この設定のまま夜空を撮ってもちゃんと同濃度の赤は出るし、昼間の写真のように見た目に近く写ることを発見しました。従って、画像処理がラク。
ならば活用しない手はありません。今回、光害カットフィルターを付けた上でも使ってみましたが、オートホワイトバランスで撮影したときに比べ、明らかに色被りが少ないのです。
結果として、容易にカラーバランスを整えることができました(昨日アップしたプレアデスはノーフィルターですが)。
よって、今後はマニュアルホワイトバランス設定のまま、昼夜を問わず使っていくつもりです。

_mg_0991p1

EOS60D改&SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM  (ISO1000, F2.0, 8分, IDAS P2フィルター使用、ワンショット)

_mg_0997p

EOS60D改&EF14mm F2.8L USM  (ISO3200, F2.8, 30秒, 追尾撮影、IDAS P2フィルター使用、ワンショット)

さて、当日の状況ですが、現地着18時20分。それはそれは素晴らしい星空でした。
ところがセッティングの際ちょっとしたトラブルがあり、2枚撮ったところで本曇りに。
白鳥座の写真は、そのときの2枚の中の1枚です。
バックラッシュが完全に解消されていなかったためか、かなり流れてしまったですが、撮り直す暇もなく・・・
本曇りになってからも時折は雲が切れたので、その合間を縫って撮ったのが下の写真。
面倒なのでP2フィルター付けっぱなしです。
21時半になると急に快晴になったので、あわてて極望を合わせ直し、撮影したのが昨日アップしたプレアデス。
月の出が迫っていたので高ISOにセッティングし、比較的短い露出で撮りました。その割には天頂にあって透明度が良かったせいか、結構色が出てくれました。

最後に、この日初めて使用したシグマのニューレンズ、85mm F1.4の感想です。
曇っている間、テストを兼ね絞りを色々変えながら写した結果、F2ぐらいからしゃきっと写ることを確かめました。周辺部の星像もきれいなものです。
しかしながら、F2より明るいレンズの常として、ハロが出ます。
F2.8まで絞るとハロはほぼ解消されますが、それだとこのレンズを使う意味はない。
星雲をより浮かび上がらせたい場合、F2ぐらいで使うといいかもしれません。
しかしながら三脚座が付いていないので、その不便さは覚悟する必要があります。
一般的には、三脚座の使える100mmマクロの方が万能かと思いますが。
それにしても、明るいF値のレンズはピント合わせがシビアです。
使いこなすには細心の注意が必要。
ちなみに、画像処理はいつものようにコンポ以外はCS5オンリーです。

« The Inner Light | トップページ | 白鳥の湖 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« The Inner Light | トップページ | 白鳥の湖 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31