無料ブログはココログ

« ハートレー彗星と二重星団 | トップページ | 進化する和楽器集団 ぐるーぷ新潟 »

2010年10月12日 (火)

星雲の競演

コーン星雲とバラ星雲の競演です。
10月11日は最初わかぶな高原スキー場へ行ったのですが、ほぼベタ曇り状態。
帰りに胎内平へ寄っても天気は変わらず、最後にダメ元で二王子山山麓の上三光へ。
部分的に星が見えてはいるものの、雲が低いです。
でも、なんとなく20分程度だったら晴れ間が東の空に出る気がしてしばらく待機。
そして30分後、その通りになりました。
天体写真の面白さは、雲や霧、風など自然との対話や交流を余儀なくされる点も含まれます。いつもピーカンであるとは限らないわけで、むしろ晴天率の低い新潟県では、いつ曇るかヒヤヒヤしながら撮影していることが多いのです。
その土地の山や雲、風などを精霊に見立て、ご機嫌を伺いながら星見をしていることが多い。
たまに自分という枠を超えて、自分が星にも雲にも風にも普遍的に存在するような知覚を得ることがあるのですが(あるいは自分という自覚がなくなる瞬間)、そのようなときには瞬時に天候の推移がただ”わかる”ことがあります。

さて、ぎょっしゃ座とその周辺だけかろうじて晴れたので、2つの対象だけ撮りました。
透明度は悪かったので、最初から光害カットフィルターを付けっぱなしです。

Img_2167p2

EOS40D改+EF100mm F2.8L MACRO IS USM  (ISO800, F3.2, 360秒, IDAS P2フィルター使用, ワンショット)

上三光といえば二ノックススキー場のあるところです。
比較的道幅の広い農道が碁盤の目状に走っており、撮影ポイントは無数にあります。
二王子山麓で撮るのは昨年秋に続きまだ2度目ですが、深夜を過ぎれば北東~南にかけての方角は充分に暗いです。
ただ、高圧電線の鉄塔が多いので、あまり奥まで行かない方がいいでしょう。

« ハートレー彗星と二重星団 | トップページ | 進化する和楽器集団 ぐるーぷ新潟 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

短焦点の写真レンズならではの美しさですね。
二ノックス周辺は良さそうだと思いながら一度も夜は行ったことがありません。
スキー場の方はどうなのでしょう。

まるひさん、残念ながら二ノックススキー場へは冬以外の期間は上がれないんです。最後の集落から数百メートル走ったところに緑色の門があるじゃないですか。あそこのゲートが閉まるからです。二王子山麓で一番暗いのは、登山口の二王子山神社の境内です。空は狭いですが、背の高い杉林のお陰で非常に暗いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハートレー彗星と二重星団 | トップページ | 進化する和楽器集団 ぐるーぷ新潟 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31