無料ブログはココログ

« 旧笹川家住宅(2) | トップページ | 入道雲は最高の被写体 »

2010年7月16日 (金)

蓮の季節到来

福島潟には蓮の群生地が二カ所あります。
一カ所は、水の駅ビュー福島潟を起点に、東へ直線距離で約700mの湿原を中心に広がるエリア。もう一カ所は、同じくビュー福島潟を起点に、真南へ約500mの広大なエリア。
規模では圧倒的に後者が大きいのですが、原野という雰囲気を色濃く残す前者の方が、個人的には気に入っています。
まずは、そんな前者の場所で撮った写真から。

Img_8722

Img_8728

Img_8733p

昨年、この湿原にカブトやクワガタのいる木を数本発見しました。
そこへ行ってみたら・・・いました!

Img_8748

これはクワカミキリ。かなり大きな個体でした。
その名の通り桑の木にいますが、柳などでも見つかります。

Img_8788

これはノコギリクワガタ。雄と雌とで仲良く樹液をすすっていました。本当に一心不乱に。
これもかなり大きな個体でした。
真っ昼間(14時)に活動しているのはかなり珍しいことなのですが。
次はグランド2つ分もある広大な蓮畑での写真です。

Img_8796

Img_8808

こちらは五頭山を正面に見据えることができ、雰囲気はとても開放的。
ただし、専用の駐車場がないのが残念なところ。(オニバスの群生地の方へ車を走らせると、蓮畑の外れに小さな空き地があり、そこへ駐車できます。)

Img_8755p

下越地方の蓮畑は、他に瓢湖のそれなども有名です。
正確には瓢湖の後ろに位置している池がそれなのですが、ここはさらに眼前に五頭連峰が迫ってくるため雄大な感じ。
ただし地形の関係上、花の接写はしにくいです。

« 旧笹川家住宅(2) | トップページ | 入道雲は最高の被写体 »

花全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旧笹川家住宅(2) | トップページ | 入道雲は最高の被写体 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31