無料ブログはココログ

« まるでご来光 | トップページ | 胎内でとっておきの場所 »

2010年6月10日 (木)

新発田市の天体観測スポット

加治川治水ダムまで行けば、奥胎内同様第一級の星空が見られるのではないかとかねてから思っていたので、9日の夜、行ってみました。
ところが、ダムサイト及びそれに隣接する駐車場が煌々とライトアップされており、ダメ。
特に駐車場のそれは無指向性のとても明るい水銀灯で、せっかくの星空を三分の一は覆い隠しています。
下流の滝谷集落にかけて架かる2本の橋も、橋の入り口にかなり明るい外灯があるので不適。
滝谷森林公園の入り口にも、超明るい無指向性の水銀灯があり、ダメ。キャンプ場は言うに及ばず。
あちこち視察してわかったのですが、赤谷周辺は山奥へ行けば行くほど、外灯が明るくなっていくような・・・ とりわけ、無指向性の外灯が多かったのは残念です。
奥三面ダムは外灯の施設がありながら、夜間は一切点灯されていませんでした。橋の欄干も含めて。
加治川治水ダムも周辺に人家があるわけでなし、あのようなライトアップは全く持って首をかしげるばかりです。
最後に内ノ倉ダムへ行ってみたのですが、ここもダムサイトが明るくライトアップ。無指向性の水銀灯もあります。
さらに奥の左岸に広がる芝生広場には外灯がなく、やっと安住の地を見つけたという次第。

Img_7100 

写真中央の立木が上手い具合にダムサイトの明かりを遮ってくれ、なんとか最低限の星見ムードは保たれます。
全体的に色合いが緑がかっているのは、ダムサイトの明かりの影響。あえて補正しないで掲載しています。
この日は途中からもや&薄雲が全天に広がり、本来のこの場所の暗さはわかりませんでしたが、北東から南にかけては良い空が期待できると思います。
ダムこの一番奥に架かる橋、ロッククライミングのゲレンデとして知られる一枚岩の手前に架かるそれは、橋の手前から北極星がぎりぎりで視界に入りました。そのため、この一枚岩をバックにした星景写真も絵になるかもしれません。(この日は曇っていて断念)
さすがにここまで来ると両岸が急峻なため空が暗く、足下が見えないほどの暗さでした。ぼくのような暗さフェチにはたまらない場所です。

Img_7097p

北斗七星の一部が写っています。
ダムサイトの方に雲が流れてきたときに写したのですが、雲にダムサイトの明かりが反射されている様がよくわかります。

Img_7107p

肉眼ではかろうじて白鳥座がわかる程度で、低空は何も見えません。
しかしながら写真に撮ると、天の川が浮き出てきました。夏の大三角形も写っています。
こちら方面の空(焼峰山方面)はそこそこ視界が広いので、夏の天の川を観望するにはいい場所です。この芝生広場(内ノ倉ダム湖畔公園)にはトイレもありますしね。
新発田市中心部から胎内平までは20kmちょいありますが、内ノ倉ダムまでだったら約15km。我が家からだったら車で20分の距離です。

Img_7101_03_hdr1

最後に、今回初めてフォトショップCS5のウリの一つであるHDR機能を使って仕上げた写真を掲載します。
上の写真は露出を変えて撮った2枚の写真をHDR合成したもの。一番最初の写真と違い、こちらは色調を自分好みに加工してあります。
グレードアップが図られたこの機能、パラメーターの調整項目も多く、かなり使えると感じました。
しかしながら動作がとても重く、XP時代のパソコンではストレスがかかりすぎ。Pen4、3.4GHZのぼくのデスクトップではハングアップ寸前となります。
64ビットOSを積んだ最新のパソコンでないと、細かな調整は難しいと思います。

« まるでご来光 | トップページ | 胎内でとっておきの場所 »

星景写真(新発田市)」カテゴリの記事

コメント

先日教えていただいたグランデコの臨時駐車場を昼間に下見しました。営業の寄り道です(笑)。
道路の外灯、ホテルの明かりが気になるところですが、明日チャレンジしてみる予定です。
明日の夜は、新潟から会津までは好天ですが、中通、浜通は曇りの予報のようですからね。
面白いリモートタイマーを購入しました。ブログに写真載せてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まるでご来光 | トップページ | 胎内でとっておきの場所 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31