無料ブログはココログ

« 楽園発見! | トップページ | 対極の空間 »

2010年6月25日 (金)

月夜の白鳥座

24日も田貝のポイントへホタルを見に行ってきたのですが、この日はさっぱりでした。
どうやら気温が大きく影響しているようです。
昨日は半袖で大丈夫だったけど、この日は長袖のジャケットを羽織らないと寒いくらい。
田貝の二王子山登山口の湿原ポイントへ行く前に、周辺集落の心当たりのポイントをあれこれ下見。
板山牧場からさらに数百メートル入ったところに突如として水田と湿原が現れ、ここは田貝以上に有望だなと思いました。
まずはここで暗くなるまで粘ったのですが、雰囲気ほどには現れません。
その後に田貝へ移動したのですが、昨日のポイントに今日は若いカップルが来ていました。
さらに、すぐ近くに住む地元の人も見学に来ており、昨日はたくさんいたのにね、と話していました。
ここでもホタルは昨日の5分の1くらいしかいなかったので、やはり気温の低さが関係していると考えざるを得ません。
あと、満月に近い明るい月が出ていたので(前日は曇りで直接は見えず)、月明かりの影響もあるかも。ホタルは闇夜を好むといいますから。
写真はあきらめ新規開拓とばかりに、田貝集落裏の広い水田の一番奥まで歩いてみました。そのどんづまりの水田が次の写真。

Img_7680p

とても美しい水田です。ホタルはあまり飛んでいませんでしたが、条件が揃えばかなり見ることができると思います。
ここより田貝集落側の田んぼが次の写真。

Img_7671p1

脇を小川が流れており、水田と水田の間を流れる用水路の水量も豊富です。
22時半頃まではほとんど雲のない気持ちのいい空だったので、星景写真を少し撮ってみました。

Img_7665p2

最奥の水田の上に昇ってきた白鳥座。
月の影響(右側が月のある方向です。次の写真も同じ)で白鳥座中心部の赤い星雲はほとんど写りませんでしたが、明るい分だけ撮影はラク。
赤道儀を持ち出すまでもなく、15秒の固定撮影で十分。拡散系フィルターを付ければ星が点に写ってくれます。

Img_7673p

やはり白鳥座とベガ(中央上の明るい星)を入れた構図。
もちろんこれも固定撮影。
焦点距離はどの写真も同じで17mm(タムロンの標準ズーム)です。

« 楽園発見! | トップページ | 対極の空間 »

星景写真(下越)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽園発見! | トップページ | 対極の空間 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31