無料ブログはココログ

« 冬鳥越スキーガーデンのバラ 番外編(後編) | トップページ | 楽園発見! »

2010年6月22日 (火)

ホタルを求めて

新発田市を代表する名峰・二王子山(にのうじやま)の麓に田貝という集落があります。
10年ほど前、一度ここで行われたホタル狩りのイベントに参加したことがあるのですが、そのときの記憶を元に昨夜(21日)、田貝集落周辺の水田を散策してみました。
ぱっと見、ぱらぱらとしかホタルは飛んでいなかったのですが、用水路の土手を覘くと、おおっ、いるではありませんか。
これだけホタルが密生して点滅しているのを見たのは初めて。大感動です。
その場所は水田の山側の方、以前ホタル狩りイベントで歩いた場所よりさらに奥になります。
あぜ道が柔らかく、ヘッドライトを点けずに歩くのはかなりアクロバティックというか神経を使いますが、そういう苦労をして到達した回はありました。

Img_7552_63p

Img_7570_75p

Img_7576_81p

ホタルを本格的に撮るのは、実はこれが初めて。
6~10数枚の画像を比較明合成していますが、そのような画像処理をするのも初めてです。
結果、肉眼で見るのより、思ったほどホタルの光跡は写ってくれませんでした。もっと枚数を重ねないといけないみたいです。

Img_7610_23p

ホタルは各用水路の奥に多く見られました。この日現場に1時間半ほどいたのですが、その間200匹以上は見ているでしょう。

Img_7603_05p

このあたりで撮っていました。左手が集落側、右手が山側です。
あちこちでホタルが飛翔しています。

Img_7624_25_hdr2

水田の集落側の方を撮るとこんな感じに。
決してこの集落、外灯が特に多いわけではないし、特に明るい水銀灯があるわけでもありません。
だけどやっぱり外灯は目立ちます。水田の奥が本当に暗いだけに余計際立つのです。
ホタルも、外灯の影響がない場所に好んで潜んでいるようでした。
新潟県では巻のじょんのびや岩室温泉郊外がホタルの名所として知られていますが、こちらは人が来ない分ゆっくり鑑賞できます。

 

« 冬鳥越スキーガーデンのバラ 番外編(後編) | トップページ | 楽園発見! »

ホタル2010-13(新発田市)」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
田貝の蛍は、去年星景ねらいで3晩通いました。
ここは新発田市の観光ガイドにもホタルの里として載っていますが、全く人に会いませんでした。
多くのカメラマンで賑わっていると思っていたので拍子抜けでした。
とりあえず北斗を入れた星空とホタルは撮れましたが、満足のいく結果ではありませんでした。
写真はいなかのギャラリーで展示してtantanさんや一番星さんの目に触れたはずですが、印象が薄いかも。

特に案内板も遊歩道もないので、初めて来た人はどこを歩いたらよいかわからないでしょうね。だから人気がないのでしょう。実際今夜もぼくは田貝へ行ってきたのですが、今日はどこでどう道を間違えたのか南俣集落の田んぼへ出てしまい、田貝では撮らずじまい。今日偶然見つけた場所はかなりよかったです。これから現像してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬鳥越スキーガーデンのバラ 番外編(後編) | トップページ | 楽園発見! »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31