無料ブログはココログ

« 写るんです | トップページ | 暗さだけは天下一品 »

2010年5月 3日 (月)

こんな場所からでも写るんです

最近ステラナビゲーターの地形データをフルインストールしました。
また、グーグルアースで各撮影地の緯度と経度を正確に割り出し、そのデータをステラナビゲーターにインプット、オメガ星団がそれぞれの場所で見えるか見えないか、見えるとしたら何時に見えるかを調べてきました。
驚くべきことに、予想以上に多くの場所で見えることがわかりました。
しかし、その地形データがどれだけ実際の現地から見るそれに忠実なのか、やや疑問が残ります。
そこで2日は最近ヤフオクでゲットした中古のB5型ラップトップを片手に、2日連続で天蓋高原を訪れてみました。
もっとも、一番の目的は妹一家との山菜採りであり、地形のすりあわせはオマケだったにすぎないのですが。
結果は、地形はおおむね正確でした。こいつはすごいぞ。
ステラのデータを信用するなら、こんな場所でもオメガ星団を見ることができます。

*胎内天文台 立木がネックとなって駐車場からは見えないかもしれませんが、観望会の行われる2階のテラスからは見えるかもしれません。ましてやメインの望遠鏡でしたら確実にとらえることができると思われます。
*高坪山南斜面 tantanさんが開拓した場所です。ここからも確実に見えます。
*持倉集落郊外の農道 見える時間はわずか1時間程度ですが、ちゃんと見えます。
*津川の三階原 山際ほんとうにぎりぎりですが、しかも30分程度だけですが見えます。
*西会津町奥川 ぼくが開拓したピンポイントの場所なのですが、ここからも見えることが判明しました。
*旧山都町船岡郊外の農道 こないだここのブログで、ここで撮ったパノラマ写真を載せました。ここからもなんとか見えます。

オメガ星団となると見える場所はやはり少ないことは少ないのですが、NGC5128でしたら見ることのできる場所は飛躍的に増えます。ましてやM83だったら、たいていの場所から見ることができます。

ただし、大きく出ましたが、本当に見えるのかどうか、かなり不安になってきました(この文章のみ、あとで書き足しているのです)。
でも、立証あるのみ。今月はひたすら南の空の天体を追うつもりなので、また結果を報告します。

Img_1005_p

(写真は4月8日に天蓋高原で撮ったオメガ星団。前回はトリミングしたものを載せましたが、こちらはノートリ。画像処理もし直しました。)

« 写るんです | トップページ | 暗さだけは天下一品 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

下から2枚目の写真ですが、山並みの右から画面の4分の1位の山際にあるぼんやりとした天体がオメガ星団と思われます。山並みの中ほど鷲ヶ巣山前ノ岳の右にある星はケンタウルスζではないでしょうか。
この写真に写っているケンタウルスγの位置からすると赤緯マイナス51度まで見えるようです。
新潟県内でこれほど南の低空まで見渡せる観測地ないと思います。ぜひ行ってみたい所です。

skameさん、ご指摘ありがとうございました。大恥をかくところでした。本文は早速訂正しました。でも、取りあえず本物が写っていて良かったです。再度ステラで検討してみましたが、やはりskameさんのご指摘の通りだと思います。高速も岩船まで延びましたし、新発田からも5分短縮で、65分で到着しました。昼間来ても大変気持ちのいい場所です。是非一度お越しになってください。

こんにちは、
このブログを拝見して、8日に胎内自然天文館の屋上で撮影してみました。閉館時間のため、写すことは出来ませんでしたが、稜線のくぼみからかろうじて観ることが出来そうです。ちょっとすると凄い構図で撮影出来るかも知れませんよ。

天文館脇の駐車場でも場所を選べば撮影可能と思われます。この後、高坪山に行ったのですが、ガスがあり確認不能でした。

今晩は。
私も8日の夜に旧上川村の林道でオメガ星団に挑戦してみました。双眼鏡でケンタウルスζは見えたのですが、超低空に雲かもやがありオメガ星団は見えませんでした。とりあえず67カメラに90mmレンズを付けてポタ赤に載せて撮りましたがあまり期待していません。また、双眼鏡で見たところケンタウルスζもみえなくなり、あきらめて三階原へ。
農道の曲がり角にまだ桜が咲いていたのでそれを前景に写真を撮りました。久々の三階原ですが、やはり真東の光害(会津方面)が気になります。それでも夏の天の川がよく見えました。

->tantanさん
ぼくは8日9日と連続で天蓋高原へ出撃しました。8日はもやっていてだめでしたが、昨日は意に反して最高の空になり、再びオメガ星団の姿をとらえることができました。連休中、一度下荒沢奥の農道へ下見に行ったのですが、ちょうど集落の明かりがその方向に重なるのですよ。撮影には不適ですね。北の農道へ行けば大丈夫かと思いますが。
->skameさん
上にコメントしましたように、どこへ行くか迷いましたがぼくは天蓋高原通いを続けました。誰もいませんでしたし、来ませんでした。ちょっと寂しかったですが。超低空まで晴れ上がることは本当にまれなので、やはりオメガ星団を撮るのは難しいです。双眼鏡だと見えないので(先月撮ったときは見えたんです、あのときは1年に1度の素晴らしい大気の条件でしたから)、導入まで1時間もかかってしまいました。N5128も2日がかりで探しましたが、もやっていたせいか写ってくれませんでした。両日とも天の川に見とれてしまいました。オメガは取りあえず打ち止めにします、今年は。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 写るんです | トップページ | 暗さだけは天下一品 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31