無料ブログはココログ

« 満月の日(後編) | トップページ | 新潟市園芸センター »

2010年4月 1日 (木)

再びオメガ星団のために下見

グランデコで半日コソトレしたあと、こないだに引き続き再び南の空が低空まで見渡せる場所を探すべく、旧山都町界隈を下見。

Img_3871

31日の磐梯山。檜原湖はまだ雪と氷に覆われています。
まだ湖の上も氷結しているため歩くことができます。真冬の装いなのです。

Funaoka_p

母の実家のある旧山都町船岡集落近くの高台から、そういえばかなり低いところまで見渡せたのではないかと思い当たり、今回それを確かめるべく来てみました。
具体的には、小瀬原と船岡の間の田んぼです。
上の写真は、農道の延びる先がほぼ真南。写真左の白いピークは磐梯山です。
こうしてみるといけそうな気がするのですが、オメガ星団は津川の三階原同様ぎりぎりで多分だめでしょう。
その代わり、普通の天体写真を撮る分にはもってこいの手軽な場所です。
飯豊山も見えるし、全体に空は広いです。

Img_3882

山都町はSLファンが多く訪れることでも知られています。
一番有名な撮影スポットは、正面に見える鉄橋。
ぼくの母の実家のある船岡は左奥にあります。
ここから望遠レンズで狙うといいかも。
鉄橋を真横から捉えるアングルはここしかないはずです。
恐らくジモティーしか知らないであろうこの場所は、和尚山への登山道の入り口に位置しています。

« 満月の日(後編) | トップページ | 新潟市園芸センター »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 満月の日(後編) | トップページ | 新潟市園芸センター »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31