無料ブログはココログ

« 我が家にゲストがやってきた | トップページ | オメガ星団との邂逅(後編) »

2010年4月 9日 (金)

オメガ星団との邂逅(前編)

8日は完璧な天候でした。こないだ天蓋高原を目指したとき、高根集落のはずれで積雪のためそこへ通じる道が行き止まりになっていたので、当初は他の場所でお気軽に星野写真を撮るつもりでした。
しかしながら、天蓋高原の奥で林道工事をずっとやっており、もしかしたら林道工事再開のため4月から除雪するのではないかと思ったので、だめもとで立ち寄ってみたのです。
そしたら案の定、天蓋高原までは除雪されていました。峠から先は行き止まりになっていたけど。
ところが、肝心の駐車場や広場は1mの積雪が残ったままです。
道路からだとオメガ星団の昇ってくる南方向に高い樹木が視界にはいるため、思い切って雪原の上に設営しました。
幸運なことに、その日は夜間かなり気温が下がり、部分的に氷と同じ硬さを保っています。どんなに強く踏みつけても足場が崩れません。
空気の透明度もよく、1年に数回あるかないかの絶好の条件となってきました。

Img_4046dp

駐車場入り口です。左の看板の奥に店を広げました。
現地到着は19時半。まだ村上市の街明かりが明るいです。

Img_4047p

北西に目を転ずると、冬の盟主オリオンが地平線に没しようとしていました。
道路はここから北に200mほど進んだところで通行止めになっています。

Img_4054p

こんな感じで撮影開始。
左の高い山は天蓋山。空気は乾いていて、この日は翌1時半までいたのですが、一度もレンズが結露することはありませんでした。

Img_0975dpp

正面が北東方向。右にかんむり座やヘルクレスなどが輝いています。
中央やや左の山際からこと座のベガが昇ってきました。

Img_0968dpp

最初2時間くらいはひたすら超広角ズームで、四方八方の空を撮っていました。
空の透明度が最も上がったところで、北斗七星をパチリ。
右下に明るく輝くのはアークトゥルス。その上の星が密集した部分がかみのけ座。

Img_0969dpp

再びオリオン座です。今度は拡散系フィルターをはずして撮ってみました。
左の変色している部分は村上市の光害です。0時を回ればかなり暗くなるのですが・・・

機材: キャノンEOS40D(天体用改造)+トキナーAT-X116PRO DX
ポータブル赤道儀赤道儀: TOAST

« 我が家にゲストがやってきた | トップページ | オメガ星団との邂逅(後編) »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

オメガ星団、撮影出来て良かったですね!
早く見せてください。

こんにちは。土日と長野へスキーに行ってきたので、画像処理が進んでいません。もうしばらくお待ちを(^_^;)

一番下の写真は黄道光が写っているようです。
いい撮影地のようですね。
オメガ星団のある真南は真っ暗なのでしょうか。

恥ずかしながら、黄道光のことはいつも頭にないため、天蓋高原で意識して見ようとしたことはありません。ただ、西が村上市街で思いの外明るいので、どうなんでしょう、見えるのかどうか微妙ですね。真南はまあまあ暗いです。南南西までいくと、若干村上市の光害の影響を受けるようになります。南南東から真北までは真っ暗です。黄道光は、昨年西会津町の山奥で偶然見ました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 我が家にゲストがやってきた | トップページ | オメガ星団との邂逅(後編) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31