無料ブログはココログ

« 県立植物園に春が来た(4) | トップページ | 満月の日(後編) »

2010年3月30日 (火)

満月の日(前編)

満月の写真を撮る前に、高根集落から天蓋高原へと通じる岩船北部広域農道を下見。雪解けがどのくらい進んでいるか確認するためです。
期待はむなしく、高根集落から先はまだ70cmほどの積雪がありました。オメガ星団、4月の新月期は無理ですね。5月の新月期まで待たなければ。

Img_3762

箱庭のような旧朝日村高根集落。集落全体を撮る場所がありそうでありません。
このアングルが精一杯。木が葉っぱを付けだしたらアウトです。

Img_3766

まだ残雪があるぶどうスキー場を横目に見て、峠道を笹川流れの寒川へと抜けました。
いい感じで夕日が色づき始めました。
目指すは、柏尾から朝日村猿沢へ抜ける峠道です。ひょっとしたら、峠の一番標高の高い箇所から南の低空を見渡せるのではないかと思って。
そうなんです、オメガ星団を観察するための場所をしつこく探しているのです。

Img_3780

ところが、その峠道も一番標高の高い地点で20cmほどの積雪が現れ、車での通行はそこまで。
もと来た道を引き返し、柏尾から2km入った地点から村上市側へ山腹をトラバースするように伸びる新しい林道へ歩を進めました。
この林道、この分岐点から4kmの地点までしかまだ作られていませんが、その中間地点に日本海を一望できる展望台が設置されているのです。
上の写真は、そこから写しました。
真下に柏尾集落、その向こうには粟島が浮かんでいます。
漁船が出ていない日は、絶好の天体写真撮影スポットとなることを確認。
とにかく北を中心に空が広い。地平線まで見渡せるので、素晴らしい星野写真が撮れそうです。

Img_3800_2

日没の直前に地平線付近の雲が取れ、太陽が地平線に没していくさまをつぶさに観察することができました。
望遠レンズを持ってこなかったことが悔やまれます。
グリーンフラッシュが見れるかなあと淡い期待を抱きましたが、それはさすがに無理だったようです。

Img_3810

« 県立植物園に春が来た(4) | トップページ | 満月の日(後編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

十年位前ですが、林道柏尾・猿沢線の峠を通ったことがあります。峠は南側北側とも山で見晴らしはよくありません。むしろ、峠より少し猿沢よりに虚空蔵山東口広場への道の分岐があり、その道を少し行ったところが南側開けているようです。登山口広場はアスファルトで直焦派にはいいかもしれませんが、視界はやや狭いです。

こんにちは。いつもありがとうございます。実は昨年秋に通ったのですが、天気が悪く、視界がどれだけ開けているかは確認できず。虚空蔵山東口広場も数年前に行ったことがあります。その頃は天体写真用の場所という目的がなかったので、あまり記憶に残っていません。そこもまだ雪があると思われるので、GW後ですかね、全ては。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 県立植物園に春が来た(4) | トップページ | 満月の日(後編) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31