無料ブログはココログ

« 満月の日(前編) | トップページ | 再びオメガ星団のために下見 »

2010年3月31日 (水)

満月の日(後編)

さて、次は満月の月見です。目指すは胎内。
胎内天文台へと通じる道路の雪解けがどうかを確認する狙いもあります。

Img_3820dp
村上市内を通過するうちに、壮絶な満月が昇ってきました。
大気の透明度の良さもこの日は抜群で、月の光もいつもと違います。

Img_3829dp

この場所で撮るのは初めて。飯豊連峰を胎内スキー場の左背後に見えます。
しばしこの場所で満月のもと、月光浴。

Img_3831dp

視線を下流に転ずれば、プレアデス星団が見えているのに気づきました。
満月の明るい光の中でも、かろうじて見えます。

Img_3839dp_2

胎内天文台へはなんとか入っていけました。
まだまだ道路脇は雪また雪だったし、路面にも一部雪が残っていましたが、なんとか。
北斗七星と天文台と満月を1枚に収めてみました。

Img_3856dp

Img_3860dp

駐車場はまだ半分以上雪に覆われています。

Img_3862dp

胎内天文台全景。

« 満月の日(前編) | トップページ | 再びオメガ星団のために下見 »

月光写真」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、
コメント遅くなりましたが、この日ですね。いかにもブルームーンという色調ですね。
私は月の出を胎内川の河川敷で拝みました。次の満月はもう少し飯豊寄りに月の出を見ることが出来ますから、残雪の飯豊と満月を撮れるかも知れませんね。

今週は木曜の夜が素晴らしかったようですね(そちらの写真も拝見しました)。私は連日の宴会疲れで撮影できず、残念なことをしました。

木曜の夜、最高でした。ここ1~2年の中で最もよかったかもしれません。あれから忙しくて画像処理もあまり進んでいませんが、オメガ星団は予想以上によく撮れていてビックリしました。残雪が残っているとホワイトバランスを合わせやすいので、画像処理がラクですね。一方、黒々とした山や樹木が背景にある星系写真の画像処理は、ぼくには非常に難しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 満月の日(前編) | トップページ | 再びオメガ星団のために下見 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31