無料ブログはココログ

« 白鳥たちとたそがれる | トップページ | 四天王そろい踏み »

2010年2月25日 (木)

早春の飯豊連峰

Img_3342

飯豊の写真を紹介する前に、まずは新発田市から見た本日の二王子山の写真。
今日はここ数日の好天続きのせいで大気の透明度があまりよくなく、300mmの望遠レンズを使うと山とレンズの間に厚い空気の層を感じてしまいます。
急激に雪解けが進んでいるのでそろそろ顔を出しているかな、と思ったら、案の定見えました。山頂に建つ山小屋です。左の方に小さな赤い建物が見えているかと思います。
ちょっと感動しました。

Img_3349

二王子小屋が見えるなら、飯豊連峰北部の秀峰・えぶり差岳(1636)の山頂に建つ山小屋も見えるんじゃないかなと・・・
やはり見えました。ピークの右に黒い屋根が写っています。旧黒川村・夏井からの1枚です。

Img_3355

さて、国道113号を経て、飯豊連峰の山形県側へ入ってきました。
この山はたぶん地神山(1850)だと思うのですが、定かではありません。
山頂までヘリコプターで連れて行ってもらい、大平原に大きなシュプールを描きたいです。

Img_3357
あちこち移動しながら撮ったので、どれがどれやらわからなくなってしまいました。全然メモらなかったからなあ・・・
これもたぶん地神山だと思うのですが、ひょっとしたら隣の門内岳かもしれません。
今回の一番のお気に入りです。

Img_3361

門内岳から北股岳(2025)にかけての稜線です。
飯豊連峰の新潟県側の核心部ともいえ、夏でも豊富に残雪が残っています。
一帯は高山植物の宝庫でもあります。

Img_3378

車は国民宿舎梅花皮(かいらぎ)荘まで入れます。ここまで除雪されているのです。
天体写真の聖地・T峠はここの近くなのですが、念のため分かれ道まで行ってみたらやっぱり除雪はされていませんでした。雪はまだ2m以上ありました。

« 白鳥たちとたそがれる | トップページ | 四天王そろい踏み »

大自然・ネイチャー(新発田市)」カテゴリの記事

コメント

今週のエントリーは7Dですか?
月があり、天気も悪かったりでカメラ欲が落ち着いています。
今週末は、ASPJ 星景写真展 「星の風景」福島展に行ってきます。

はい、7Dです。X4が発表されましたが、ひそかに低画素化を期待していたのですが、マーケティング優先と言うことでしょうかね。ニコンみたいに1200万画素に押さえれば天体写真にはもってこいとなるのですが。今後もあまりキャノン機には期待できませんね。ひょっとしたらフルサイズの入門機が年内に発売になるかもしれません。広角レンズ専用機としてはフルサイズ機もいいのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白鳥たちとたそがれる | トップページ | 四天王そろい踏み »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31