無料ブログはココログ

« 300mm、8分の追尾に成功 | トップページ | 天体合宿4日目 »

2009年10月15日 (木)

天体合宿3日目

天気が日を追うごとに回復の兆しを見せてきました。
新潟市内の新潟中央インターから磐越自動車道を20分、三川インターで降りて五十島駅後方の山の尾根を上がると格好の展望台があります(9月16日の記事参照)。
この日は初めてそこでの撮影です。
標高は350mくらいしかないのに、下に雲海が既にできています。

Img_1360dp

Img_1357dp

シーイングはまあまあ。でも湿気が多く、薄雲がひっきりなしに上空を行き来する状況。
今回初めてキャノンのEOS 7Dを使ってみたのですが、ダークフレーム・テストの良好な結果同様、実写でもノイズの少ないシャープな画像を得ることができました。
天体用に改造してある40Dと7Dとでプレアデスを撮り比べしてみたのですが、無改造機でもほとんど写りに差はないと言われながら、実際には少し色調が淡泊になるように感じました。
次の写真は40Dによるもの。この日は300mmのガイドの成功率が低く、コンポジットを念頭に6枚くらい300mmの望遠レンズで撮ったものの、流れのないのは2枚だけ。
よって、次の写真もコンポなしの1枚ものです。

Img_0338p

12時前には一気に雲海が波のようにこちらへ押し寄せてきたので、撤収を余儀なくされました。帰りも赤谷までずっと濃霧の中。標高2000mクラスの山ではさぞかし見事な星空が見えていることでしょう。
新発田の赤谷にはいると雲がないばかりか、今まで見たこともないくらいオリオン座が空にへばりついて見えます。こいつはすごい!
もうへとへとでしたが、この機会は今度いつ巡ってくるかわかりません。
2-3箇所場所探しをしながら、辿り着いた先は二王子山の麓の丘の上。二王子温泉病院がすぐ近くにあります。
オリオンを狙うのは来月からにしようと思っていましたが、おいでおいでをしているので50mmの標準レンズでバーナードループが入るよう、全体像を撮ってみました。

Img_1365dp

Img_0346p2

Img_1366dpp

オリオン以外の上の2枚は無改造機の7Dによるものです。
ちょっと写りは淡泊ですが、1000万画素に落として(M-RAW)撮っているものの、同じ画素数の40Dより解像感は高いようです。
午前3時前、三日月が登ってきたのでやめざるをえませんでしたが、新発田でこんな超絶的星空を見られるなんて、ちょっと感動ものでした。

Camera: Canon EOS7D&天体用改造40D + Canon EF300mm F4L IS USM, Sigma 10-20mm F3.5 EX DC HSM, 18-50mm F2.8 Macro EX DC

« 300mm、8分の追尾に成功 | トップページ | 天体合宿4日目 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
新潟市在住の天文ファンです。
先日、近場に良い観望地ないかなあと言っていたら、知人からこちらのページを紹介され、以来、参考にさせていただいてます。
どうぞよろしくお願いします。

15日は私も上の写真の近くの山で観望してましたが、久しぶりに最高の星空でしたね。綺麗な写真拝見させていただきます。

ちーすけさん、こんばんは。
ぼくはまずより暗い空の元で星を見たいというのが動機としてあるので、近所の観望地だけでなく、確かに色々なところに出かけています。1年以内にぼくのHPの方にポー赤を使ったお手軽撮影のノウハウと新潟県と隣接各県の天体観測適地の情報をまとめて掲載しようかなと考えています。これからも宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 300mm、8分の追尾に成功 | トップページ | 天体合宿4日目 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31