無料ブログはココログ

« ハッブル宇宙望遠鏡からメリークリスマス | トップページ | 宇宙の果て »

2008年12月25日 (木)

オリオンとプレアデス

Hs200601qfull_jpg

Pleiades_gendler_big

今日はクリスマス。みなさんはどんなクリスマスをお過ごしですか。
昨日に引き続き、ハッブル宇宙望遠鏡とNASAで公表された写真の中から、いろいろな意味で地球と私たち地球人に関係の深い二つの星系の写真をお届けします。
宇宙空間では大気や人間の集合意識の影響でさえもほとんど影響を受けないので、その星が持つ本来の波動を余すところなく写し込むことができるのです。
とくにオリオンは地上で見られる映像と全く異なるそれを見ることができます。
この二つの星系はある意味対照的な性格を持っており、それが写真からも感じることができると思います。
私たちは”星の子”です。常に見守られており、祝福の光線が遙か宇宙の彼方からいつでも注がれているのです。

« ハッブル宇宙望遠鏡からメリークリスマス | トップページ | 宇宙の果て »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハッブル宇宙望遠鏡からメリークリスマス | トップページ | 宇宙の果て »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31