無料ブログはココログ

« サーフィン歴1年目のS君 | トップページ | 散開星団を撮る »

2008年10月29日 (水)

冬型です、しばれます

Img_5840str

Img_5847_48str1

Img_5853str1

Img_5860

せっかく新月の時期が来たというのに、あいにく新潟県はひたすら曇りか雨の天気予報が続いています。で、各地の天気予報を調べ、なんとか晴れていそうだということで福島県の浜通りに近い山間部へ行ってきました。
郡山市から南西に拡がる標高900m前後の山地には、地図で見ると山頂付近まで行ける林道がたくさんあることがわかります。
昨日行ってきたのは、阿武隈洞のすぐ近くの仙台平という標高890mほどの山。
このすぐ南には星の村天文台などもあり、ネットで検索するとかなり暗いらしい。
ということで期待感一杯で出撃したのですが、う~ん、明るいです。
最初の写真は仙台平の展望台付近。視界は最高ですが、吹きっさらしの地形のため、昨日みたいに北風の強い日はつらいです。
2、3枚目はここで撮影したもの。ご覧のように光害がすごい。
ここではグレーバランスを取り、色被りを除去していますが、色被りを除去する前のオリジナルの画像の色はどぎついオレンジになり、かなり悲惨です。
北東方向は暗いのですが、その他の方角は軒並み明るい。特に郡山方面は明るかったです。
とはいえ展望はいいので、夜中からの撮影だったらそこそこ快適かもしれません。
仙台平では広角レンズでのみ写真をさっと撮り、北東にすごくよさげな高原が地図で見るとあるのですぐそこへ移動しました。
そこは桧山高原といい、やはり標高は約900mあります。
ここはかなり暗かったです。ところがいざ本日のメインディッシュである200mmの望遠レンズに切り替えようとしたところあれよあれよという間に曇ってきて、あちこちで夜光りがしはじめる始末。
かなりの早さで頭上すぐ近くを雲が流れ、ほとんど写真どころではなくなりました。
これは計算外。時刻は9時、まだこれからだというのに。結局11時近くまで粘りましたが、本曇りになってくる一方だったので、撤去を余儀なくされました。
4枚目の写真は一瞬の間隙を縫って撮影したカペラ。複数枚のコンポジットはせず、1枚ものです。

桧山高原まで自宅から200km。日帰りで行きましたが、帰りは死にました。
ところで、今回家にいつも愛用しているケンコーのプロソフトンAという拡散系フィルターを忘れてきたので、行く途中郡山駅前のヨドバシカメラに寄り、ソフトンスペックAというフィルターを新規で購入、広角レンズに付けて使ってみました。
前者に比べると光の滲み具合がやや汚い感じ。拡散度合いはプロソフトンより少なめのようです。
今度両者をじっくり撮り比べしてみたいと思います。

« サーフィン歴1年目のS君 | トップページ | 散開星団を撮る »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サーフィン歴1年目のS君 | トップページ | 散開星団を撮る »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31