無料ブログはココログ

トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の15件の記事

2008年10月30日 (木)

散開星団を撮る

Img_5874str

Img_5907_08str1

30日夜7時自宅前、おお、満天の星空じゃん!
天気予報からは全く期待していなかったのでこれ幸いとばかり、急いで準備して車で25分の胎内平へ駆けつけました。
ぼくは目的地へ着いて、いざ車から降りる瞬間が好き。
ヘッドライトを消してドアを開け、外に立つと満天の星空がお出迎え。生きててよかったと思える瞬間です。
ところが今夜は・・・あれ、雲ってんじゃん。全天の3分の2、いや5分の4は曇っています。
しかも、リモートケーブルを忘れたことに気づきました。なので、今夜はISO1600、絞り開放、露出30秒でのセッティング。
いつものように広角レンズでざっと取り終えたあと、135mm、F2.0の明るい単焦点レンズに切り替え。
先日も紹介したThe digital picture.comでのレンズテストによると、キャノンのF2スタートの単焦点レンズはどれも抜群の解像力を誇っていることが証明されています。
30秒という短い時間で取らざるを得ない場合、多くのレンズの開放値であるF2.8だとやや露出不足になりますが、F2.0だと適正露出が得られます。
毎回M33を狙っているのですが今の時期はすぐ天頂付近へ上がってしまうので撮りにくく、今日はカリフォルニア星雲と、カペラの近くにある三つの散開星団を撮ってみました。
カリフォルニア星雲はHα領域のため、フィルター換装をした改造機でないと写りません。
普通のデジカメは約20%しかこの波長の光を通さないからです。
なので、テストの意味もあったのですが、案の定ほとんどといっていいほど写りませんでした。画像処理でレベルを上げてやると、取りあえずその存在だけは確認できましたが。

1枚目の写真は胎内平から見た天の川。中央やや左に新発田市があり、光害の影響がよく見て取れます。右下に胎内天文台のドームが少しだけ写っています。
2枚目の写真ですが、上から順にM38、M36、M37。
特に、小さな星がびっしり密集したM37は美しいですね。今度はもっと長焦点の望遠レンズで撮ってみたいものです。

2008年10月29日 (水)

冬型です、しばれます

Img_5840str

Img_5847_48str1

Img_5853str1

Img_5860

せっかく新月の時期が来たというのに、あいにく新潟県はひたすら曇りか雨の天気予報が続いています。で、各地の天気予報を調べ、なんとか晴れていそうだということで福島県の浜通りに近い山間部へ行ってきました。
郡山市から南西に拡がる標高900m前後の山地には、地図で見ると山頂付近まで行ける林道がたくさんあることがわかります。
昨日行ってきたのは、阿武隈洞のすぐ近くの仙台平という標高890mほどの山。
このすぐ南には星の村天文台などもあり、ネットで検索するとかなり暗いらしい。
ということで期待感一杯で出撃したのですが、う~ん、明るいです。
最初の写真は仙台平の展望台付近。視界は最高ですが、吹きっさらしの地形のため、昨日みたいに北風の強い日はつらいです。
2、3枚目はここで撮影したもの。ご覧のように光害がすごい。
ここではグレーバランスを取り、色被りを除去していますが、色被りを除去する前のオリジナルの画像の色はどぎついオレンジになり、かなり悲惨です。
北東方向は暗いのですが、その他の方角は軒並み明るい。特に郡山方面は明るかったです。
とはいえ展望はいいので、夜中からの撮影だったらそこそこ快適かもしれません。
仙台平では広角レンズでのみ写真をさっと撮り、北東にすごくよさげな高原が地図で見るとあるのですぐそこへ移動しました。
そこは桧山高原といい、やはり標高は約900mあります。
ここはかなり暗かったです。ところがいざ本日のメインディッシュである200mmの望遠レンズに切り替えようとしたところあれよあれよという間に曇ってきて、あちこちで夜光りがしはじめる始末。
かなりの早さで頭上すぐ近くを雲が流れ、ほとんど写真どころではなくなりました。
これは計算外。時刻は9時、まだこれからだというのに。結局11時近くまで粘りましたが、本曇りになってくる一方だったので、撤去を余儀なくされました。
4枚目の写真は一瞬の間隙を縫って撮影したカペラ。複数枚のコンポジットはせず、1枚ものです。

桧山高原まで自宅から200km。日帰りで行きましたが、帰りは死にました。
ところで、今回家にいつも愛用しているケンコーのプロソフトンAという拡散系フィルターを忘れてきたので、行く途中郡山駅前のヨドバシカメラに寄り、ソフトンスペックAというフィルターを新規で購入、広角レンズに付けて使ってみました。
前者に比べると光の滲み具合がやや汚い感じ。拡散度合いはプロソフトンより少なめのようです。
今度両者をじっくり撮り比べしてみたいと思います。

2008年10月25日 (土)

サーフィン歴1年目のS君

Img_5693sl

いつも英会話教室で同じクラスを受講しているS君と、やっと浜辺で遭遇。
今日は最高のコンディションだったので、来ていると思っていたんだ。で、やっぱり居た。
サーフィン歴まだ1年なので、ちょっと腰が引けているかな?でも上手いもんです。
ちなみに彼は、日本を代表するビッグマウンテンスキーヤー・児玉毅さんにそっくりです。
児玉さんの弟といった風情。なんとかスキーにも目覚めさせたい・・・

今日は土曜日なのでいつにない混雑ぶりでした。
素敵なショットを撮らせてくれてありがとう、みなさん!

Img_5481

Img_5585sl

Img_5709

2008年10月22日 (水)

憂国の志士、鳥海山に現る

Img_5236_38strp

Img_5251dppp

月の出がようやく深夜になってきたので、再び天体写真の好適期がやってきました。
天気予報では北へ行けば行くほど天気の崩れが遅れるらしい・・・
ということで、夜まで雲が出ないことを祈って午後から鳥海山方面へ。
しかしながら2時には既に薄雲が拡がりだし、鶴岡に入る頃には星見はあきらめざるを得ない状況に。
で、急遽遊佐町にある二の滝へと、真っ暗闇の中ハイキングすることにしました。
星も出ていないし、月が出ているわけでもない。森の中なので街の明かりも入ってきません。つまりは真っ暗。でも、これでいいんです。
駐車場から二の滝へは徒歩20分。滝の手前に展望台を兼ねた鉄製の橋がかかっており、そこに座りながらしばし瞑想。
最高のひとときです。この滝の"気"は随分と暖かみがあり、包み込まれるような安心感と安らかさを感じました。
これだけ暗いとシャッタースピードも最低3~5分は必要となります。
瞑想しながらシャッタースピードを変え、7、8枚タイマー撮影を敢行。やっぱりISO1250、絞りF2.8で4分は必要でした。
これだけ高ISOで何分も露出をかけるとノイズがかなり乗りますが、そこは天体写真の手法を取り入れ、3枚をコンポジット合成。
理論的には4枚をコンポジットするとノイズ量は半分に減ります。一般の風景写真でこの技法を試したのはこれが初めてなのですが、思ったより1枚だけを現像した写真に比べノイズレスに仕上がったので感心しました。
現場の"気"が少しは写っているかな?感じてみて下さい。

二の滝のプチハイクを終え、次に向かった先は鳥海山スカイライン。
大平山荘のある標高1000m地点まで車で行けます。もちろん天体写真に適した場所かどうか、下見をするためです。
3年前にここから頂上を往復したことがありますが、夜いざ来てみると酒田市の街明かりがすぐそこまで迫っていることに驚きました。
あ、明るい。深夜を過ぎてもそこそこ明るいでしょうね。しかも日本海にこれまた超明るい漁り火がいくつも見られ、北の空を明るく照射しています。これはあきまへん。
地図上で見るといい感じだったんだけどなあ。
時間はもう10時を回っています。よい子は寝る時間です。
生理学的にも朝型生活の方が心身にいいわけだし、地球温暖化問題も深刻化してきていることだし、本当に真剣に我々人類はライフスタイルの転換を急ピッチで進める必要があるのではないでしょうか。
と、下界を見下ろしながら腕組みして憂慮する、シブイ私でした。
(こちらは合成写真ではありません。15日の写真のように一発芸?で決めています。) 

2008年10月19日 (日)

新たな天体聖地を発見

Img_5163_66str

Img_5200dpp

Img_5201dpp1

Img_5208dpp

19日の月の出は20時18分。日の入りが17時02分なので、1時間半くらいは闇夜が楽しめそうです。
それで今日は、新たに購入した2台目のポータブル赤道儀CD-1のテストも兼ねて、地図上で目星を付けた朝日連峰のはずれの山中に行ってみました。
目論見は大的中。多分標高は500mくらいだと思うのですが、峠にかなり広い駐車場があり、展望も広いのです。空の広さも胎内天文台以上。
日没直後の空は非常に暗く、アドレナリン出まくりです。
CD-1は本体の重さが1.2kgとTOASTの半分しかなく、登山にも持って行けます。もちろん、そのために買ったのだけど。
今日はリモートケーブルを忘れるという大失態を犯したので、シャッタースピードは全て30秒をMAXとせざるをえません。そのためISOも1250と高めに設定。
なので、追尾性能を確かめるには至りませんでしたが、全体の操作性も良く、快適に撮影できました。

最初の写真は、地平線からプレアデスが顔を出したところ。その真上にはカシオペアが写っています。天の川がまっすぐ立ち上がっているのがおわかりになるかと思います。
カシオペアの真横にはM31(アンドロメダ銀河)も見えていますね。
丁度この方角から今まさに月が上がろうとしているので、空が明るくなりかけています。
次の2枚は同じアングルです。フィルターの有無の違いだけ。
星野写真を撮るときは通常拡散系フィルターを使います。それを使わないと2枚目のようにどれが恒星だか、なにがなにやらわからなくなります。
以前ハワイ島のマウナケアに行ったとき、あまりに星が多すぎて明るすぎて全く星座の判別が不可能だった経験があります。フィルターを使わないとマウナケア状態になるのです。
3枚目の写真で説明すると、中央の明るい星が白鳥座のデネブです。
そのすぐ左やや上方に見える赤い雲の塊が北アメリカ星雲。この赤い光はHα波が主体で通常のデジカメでは写りにくいのですが、彩度を上げてやると少しだけ浮かび上がってきました。
この写真は北十字の上半分を捉えたものですが、縦アングルにして北十字全体を入れた方が良かったかもしれません。
デネブの下に明るく輝く星は白鳥座γ星。その周辺に赤っぽく写っている星雲がIC1318散光星雲。そしてM29。
ほかにもNGC6960網状星雲も写っていますが、星の地図帳であるスターアトラスを自宅でじっくり眺めて初めて気づくほどで、現場ではパニクっているのでわかりません。なにせ空はあくまで広く、無数の星が瞬いているのですから。
4枚目の写真の主役はこと座のベガです。リング星雲の愛称を持つNGC6720も写っているはずですが、35mm換算80mmの焦点距離では小さすぎて判別できません。
レンズといえば、今回メインで使ったのはシグマの50mm F1.4 HSM。今年発売されたばかりの最新レンズです。
もともと開放値F1.2を念頭に設計されただけあり、キャノンのLレンズ、50mm F1.2L USMとほぼ同等の写りをしてくれます。開放からシャープで口径食の発生も少なく、天体写真には最適。
今日が初めての本格的な天体フィールドでの使用になりますが、絞りはF1.8-2.0でしか使っていないんだけど素晴らしい写りをしてくれました。大満足です。

場所:村上市天蓋高原・キャノンEOS40D(トキナーSD11-16mm F2.8DX & シグマEX50mm F1.4DG HSM)

ベガの写真を見てぴ~んと来たアナタ、あなたはもう準備ができていますね。宇宙の起源、意識の源がどこからきたか、そんなことに興味をお持ちなら下の本をご一読されることをお勧めします。面白いですよ。

プリズム・オブ・リラ―銀河系宇宙種族の起源を求めて Book プリズム・オブ・リラ―銀河系宇宙種族の起源を求めて

著者:リサ ロイヤル,キース プリースト
販売元:ネオデルフィ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2008年10月18日 (土)

奥阿賀地域を歩く

Aga081018e

Aga081018f

Aga081018d

Aga081018g

Aga081018c

Aga081018a

Aga081018b

旧新津市の秋葉温泉・花水でリフレッシュしたあと、向かった先は奥阿賀地域。
今日も快晴なので、月明かりの元での写真を撮るためです。
飯豊山日出谷登山口の一番奥に位置する実川集落は、もう30年くらい昔に廃村となり、現在は数軒しか残っていません。そのうち最も古い五十嵐家住宅の母屋は1759年の建築(国有形文化財)。
ぼくは秘境と呼ばれる村をたくさん訪れましたが、実川は最もいろいろな意味でハードな生活を強いられる場所の一つでしょう。
冬は地形的に完全に孤立するのはもちろん、それに付け加えて蚊やブヨが異常に多く発生するのです。深い谷間にあるため日照もあまりよくないし、よくもまあこんな山奥に人が住んでいたものだと感心します。
五十嵐家から村はずれまで近年遊歩道が整備されました。
写真の吊り橋は五十嵐家から50mほど下ったところにありますが、今でも現役。
年間通して水量豊富な実川(学生時代、仲間と一度沢登りしたことがあります)の渓谷美を堪能することができ、個人的に大好きな場所。

これらの写真は全て21時から23時の間に撮ったものです。月明かり100%。
帰りに阿賀野川に立ち寄り、何カ所かでカメラを構えました。
里の紅葉はこれからといったところでした。

2008年10月17日 (金)

秋葉温泉・花水の庭

Kasui081017a

Kasui081017c

Kasui081017e

Kasui081017d

Kasui081017b

Kasui081017f

Kasui081017h

Kasui081017g

Kasui081017j

旧新津市にある秋葉温泉・花水は県内屈指の人気を誇ります。
かけ流しの温泉の質の良さもさることながら、南欧風の瀟洒な建物、館内設備の良さなど、ひと味違う温泉なのです。
ソフト整体ほか、タイ古式セラピー、アロマセラピー、リフレクソロジーなど様々なセラピーが受けられ、そのどれもがハイレベルでかつリーズナブルな料金設定なのもいい。
そして、ここのイングリッシュガーデン。
いいです。さりげないんだけど、スタッフの方々の植物に対する愛情が感じられて、花がイキイキしているのです。
例年冬に来ることが多かったのでここの庭の美しさに気づかなかったけど、今日は本当に感心しました。

2008年10月16日 (木)

ゆく夏を惜しんで夜中に月光浴

Kajikawa081016a

Kajikawa081016b

万年雪を抱く飯豊連峰の北股岳に端を発し、新発田市を流れる加治川。
先頃紫雲ゴルフ倶楽部で日本女子オープンゴルフ選手権大会が開かれましたが、テレビ中継で何度も加治川の姿が映し出されていましたね。
加治川は非常に水質が良く、今でも市公認の水泳場が夏の間オープンし、監視員が常駐するくらいです。
その場所がここです(新発田市岡田)。水深は結構あり、水量の多いときは3mを超えるかもしれません。流れもそこそこあり、素潜りをするととても楽しいポイント。
ぼくなんて、大人になってからも毎年8月に1回はここで潜るのを恒例行事にしていたくらいです。改めて満月の光のもとで撮ってみて、昼間に太陽光で撮るのと随分雰囲気が違ってくるものだなあと感心します。面白いですね。
10~11月は1年で最も水量の少ない時期なので、今度は水量の多い春の時期に撮ってみたいものです。

2008年10月15日 (水)

月のチカラ

Img_0166dppsl

Img_0179dpp

Img_0186dpp

Img_0200dpp

Img_0220dpp

満月の15日は、昼も夜も快晴でした(ちょっと夕立があったりしたけれども)。
月の魔力に導かれ、深夜隣町の三重塔を見に行ってきました。恥ずかしながらぼくも5年前まで知らなかったのだけど、県内にも三重塔があるのです。しかもレプリカでなく、本物。もちろん県の重要文化財にも指定されています。

ところで、月の光は所詮太陽の光を反射しているだけなので、長秒露光すれば(ここではISO800-1250、シャッタースピードは25-30秒で設定)昼間撮ったのと同じように写ります。
だけど、よく見るとやっぱりどこか違和感がありますよね。なにかヘン。
これが月の波動です。じっくり味わってみて下さい。
長秒(長時間)露光する最たるものが天体写真です。
人間の目は光をため込むことができないため、例えば淡い星雲を見てもモノクロにしか見えません。しかしカメラで何分も露出をすると色が現れます。
同様に、満月のもとで何十秒も露光させると月の本来の波動が増幅されて写し込まれます。
それは太陽とはやはり異なり、月固有のヒカリです。

最後に本殿に参拝して撮影終了。別に多重露出かけたわけではありません。
画像合成はしていません。自分のエネルギー体をちょいと飛ばしてみただけ、なんてね。
みなさんもたまには月光浴してみませんか。きっと月に恋をしますよ。

月の癒し 月の癒し

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

月の魔法/鏡 リュウジ 月の魔法/鏡 リュウジ

販売元:アイヒーリング
楽天市場で詳細を確認する

2008年10月13日 (月)

サーフィン天国

Ikarashi081013a

Ikarashi081013b

Ikarashi081013c

Ikarashi081013d

もう、最高!

場所:新潟市五十嵐浜・キャノンEOS40D(EF300mm F4L USM+1.4倍テレコン)

2008年10月11日 (土)

30分だけサーフィン見物

Ikarashi081011

Img_4376

Moon081011

今日は午後からサーフィンの写真をじっくり撮るつもりだったけど、あいにく風が強すぎ、浜ではみんな風と波が収まるのを待っていました。
日没前30分からそそくさと撮り始めたんだけど、さすがに既にかなり暗くなっていたので写真はブレブレです。
撮り始めはiso1600からスタートしたのですが、10分後にはISO3200に変更。
iso3200だとさすがにディテールが消失気味でしたが。
帰り際、iso3200の設定のままで手持ちでお月さんを撮りました。
中央付近をトリミングしているけど、このくらい満月に近くなってきたらてとても明るいので、35mm換算672mm相当の超望遠レンズを使っての撮影でも手持ちでいけちゃいます。
かなりノイジーだけど、それはご愛敬。なんの画像処理もしていません。
コンパクトタイプのデジカメでも月は容易に撮れるます。
ただし、コントラストを調整できる機種じゃないとだめかも。コントラストは最低レベルに設定し、シャープネスや彩度も落としてあげて下さい。

場所:新潟市五十嵐浜・キャノンEOS40D(EF300mm F4L USM+1.4倍テレコン)

2008年10月 9日 (木)

華報寺の湯

Kehoji02_2

Kehoji01_2

先月下旬からようやく腰と首の調子が良くなってきたので、徐々にトレーニングの負荷を強めてきました。昨日は10ヶ月ぶりにハードトレーニング。2km泳いでそののちにジムで1時間のトレーニング。
それでも昨夜は疲れはそれほどなかったものの、一夜明けるとグッタリ。で、夕方疲れを取るために立ち寄り湯へ行ってきました。

出湯温泉には公営の共同浴場が2箇所ありますが、さらにもう1箇所、曹洞宗の古刹・華報寺が併設している共同浴場があります。源泉の温度は36度くらいしかないものの、すごく温まります。
泉質はアルカリ性単純温泉ながらやや炭酸ガスを含んでおり、肌には気泡がたくさん付きます。設備は石けんも含め何もないのですが、200円と安い設定の入浴料のおかげもあってか、いつも賑わっています。

ところで、さっきたまたま新潟県内の全ての立ち寄り湯を網羅する素晴らしいサイトを見つけましたので紹介します。
http://www2b.biglobe.ne.jp/~kondo/onsen/onsenx.htm
このサイトの管理者は全て自分の足で行っており、その批評眼は適切。
ぼくも温泉には詳しい方だし結構全国あちこち行っていますが、この方はまさに温泉キラーです。
温泉に関するウンチクもさすがの一言で、とても参考になること請け合い。さて、今度はどこへ行こうかな?

2008年10月 8日 (水)

よろしくお願いします

今日からブログをココログへ引っ越しさせました。大きなサイズの写真を複数枚1日の中にアップしたいので、使い慣れたウェブリブログからアメブロへ移ったのですが、アメブロは勝手にサイズが縮小されてしまうのです。
そこでエキサイトブログやgoo、楽天などのブログを実際にメンバー登録して試してみたのですが(でないと本当の使い勝手はわからないですから)、いやあ、複数枚の画像をアップするのは非常にしにくいです、どこも。しかも本文内で縮小したサイズで表示できる機能を持っているところはごく少ない。

で、やっと辿り着いたのがここココログ。ここはダントツで使い勝手が優れていますね。無料でできることも多く、なにかにつけユーザーフレンドリーです。本日10月1日に遡ってエキサイトブログにアップしていた記事を移し替えました(10月10日にアメブロからの分も9月27日まで遡って移行完了。でもめんどくさいのでもうしません)。
たまにしか更新しませんが、よろしくお見知りおきの程をお願いします。

2008年10月 4日 (土)

憧れのプレアデス星団

10041

天体写真を始めるようになって、一番撮りたいと思っていた被写体がスバルの愛称で古来日本人に親しまれてきたプレアデス。
先日初めて300mmの望遠レンズを使い、まだイメージにはほど遠いもののそこそこアップで撮ることができました。
しかしながらポー赤の追尾精度には難があり(極軸がしっかり合わせられないため)、微妙に流れてしまっています。
それでも4枚をコンポジットしたのでSN比はかなりよく仕上げることができました。
でも、画像処理は本当に難しい。
淡い星雲部分を描き出すのに、かれこれ5時間くらいはいろいろなソフトを使って試行錯誤の繰り返し。まだまだ勉強が足りません。
ところで、今日は地元新発田市の紫雲ゴルフ倶楽部でおとといから行われている日本女子オープンゴルフ選手権の観戦に行ってきました。
数年前プレーステーションの人気ソフト「みんなのゴルフ」にはまって以来、テレビでゴルフの試合を見るようになりましたが、ナマで見るのがこんなに面白いとは。
今日は3時間ほどの観戦でしたが、きちんと作戦を練ってからでないとあぶはち取らずになってしまいますね。
明日も行く予定。明日は今日の教訓を生かして、重点的に効率よく見るつもりです。
上田桃子、宮里藍、飯島茜、横峯さくら、韓国人のキムソヒなど、一流選手はやはりオーラが違うなと感じました。
明日もスーパープレイを見せて下さいね。
さて、今夜は久し振りにみんごる5をやることにしよう。

2008年10月 3日 (金)

天の川三体

1003_1

次回の満月は10月15日。
おそらく今週が10月前半では最後の好条件となると思われたので、ボロボロの身体にむち打ちぼくにとっての聖地・山形県樽口峠へ再び行ってきました。
ややもやがかかっているような感じでしたが、深夜11時をすぎるとクリアな夜空となり、1時間半ほど無我夢中で夜空と向かい合いました。
初めて300mmF4の単焦点レンズを使ったりもしたけど、いい加減な極軸合わせではやはり追尾に無理があります。
TOASTのチープな極軸望遠鏡、これは問題です。
あと天頂付近を狙う場合、どうしてもカメラの自重で自由雲台が動くことがあります。
ドイツ式赤道儀に比べると、さすがにポー赤は不利な点が使えば使うほど見えてきます。
天頂に昇ったアンドロメダは早々にあきらめ、プレアデスに目標を変更。
こちらは1分半程度でしたらそれほど流れず追尾してくれました。
でも、撮っていて楽しいのはむしろ広角レンズで星野写真を撮っているときです。
カメラを何十秒も長時間露光させると、人間の目で集めることのできる数十倍もの光を集めることができます。
そして、この真っ暗な空は実は光に充ち満ちていることを知ります。
丁度、無のはずの宇宙空間が実はダークマターに満ちているのと同じように。
写真1枚目はスバルとペルセウス座。左下にひときわ明るく星はカペラ。
写真2枚目は夏の大三角形で知られる天の川中心部です。
右下に青白く輝く星はこと座のベガ。
宇宙文明の発祥についてチャネリング情報をまとめた本「THE PRISM OF LYRA」よると、銀河系宇宙各所に散らばる知的文明の発祥の地はこと座に求められるとか。
よく本屋でスターウォッチングの入門書を見ると、必ずと言っていいほど星座の伝説が取り上げられています。しかし、あれほど退屈な読み物はありません。
あの手の伝説や神話にはそれなりに根拠があり、昨今の精神世界ブームでいろいろなソースから明るみになってきた宇宙秘史?の方が何百倍も面白い。
ぼくが星空を見上げるとき、思いを馳せるのは古典的な星座にまつわる伝説ではなく、精神世界の探求者たちからの本当の意味での知的興奮を歓喜してくれるこれらの情報なのです。
そういう視点を取り入れてみると、スターウォッチングほど面白いものはありません。
3枚目の写真はどこがどこだかよくわかりません。
無数の星の光の中で酩酊するのも、星見の快楽のひとつです。

1003_2

1003_3

トップページ | 2008年11月 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31